住宅購入環境のチェック

 住宅ローンの殿堂
住宅ローン相談

住宅購入環境のチェック


執筆者
会社名
HP
: 柴田誠
: 株式会社プレシーク
: http://www.preseek.jp/

>>> この執筆者の詳しいプロフィール

不動産市場の現場を見ていると、建売住宅では、完成まで待っていると、いい区画は売れてしまう、という話を聞きます。先日ご相談に来られた方も、分譲の抽選に外れて、探し直しの相談でした。

このような状況は、住宅購入がしやすい環境が整っていることで、購入希望者が動き出したことによります。ただし、このような購入環境は、全員に共通する外部環境と個々に分かれる内部環境とに分かれ、誰にでも同じ判断となるわけではありません。

以下に、購入環境それぞれを紹介致します。

◆外部環境

1.不動産価格

昨年は、販売不振による在庫処分などの流れから、アウトレットマンションが注目されました。振り返るとここが底だったと思われます。今年に入り、前半は横ばい状況でしたが、フラット35の金利優遇などから購入希望者が動き出し、GW明けから在庫・販売ストック数の減少、地価も持ち直してきております。現在、カンフル剤的な要素があってのものと思われ、今後、大きく上昇するには景気回復なども必要になることから、極端な上昇にはならないと思われますが、購入する環境として、情勢は整っております。

2.金利動向

先日、長期金利は7年ぶりの低水準になりました。これは平成15年の景気(地価も)が底をうっていたとき以来ですので、これ以上の低下は考えづらいものがあります。年内は大幅な上昇はないかと思われ、金利情勢だけをみると、絶好のタイミングかと思われます。また、フラット35の優遇も年内までですので、選択肢も広がります。

3.税制

史上最高とうたわれる住宅ローン減税。最大限に控除を活かすには、相当な収入と高額な借入が条件になり、一般住宅の購入では現実感はありません。ただし、来年以降、徐々に控除額が減少することから、現在の状況が最適であることには変わりません。また、住宅取得用の贈与税の軽減も来年以降減少する予定です。

◇内部環境

1.雇用・収入環境

新聞報道などによると企業の業績は回復基調にある模様です。これがそのまま雇用や収入の安定に繋がるのであれば問題ありません。ただ、近年、企業の業績がよいことと収入の増加や安定が連動しない傾向に感じます。各自それぞれ、置かれている状況により判断は分かれますが、今後の雇用や収入がどのように推移するか、現状だけではなく長期的な展望のもとに考えなければなりません。特に、ボーナス返済の取り扱い・考え方がポイントになります。

2.支出環境

購入する時、お子様がいらっしゃらないご家族構成で判断し、お子様の誕生から成長に伴う教育費支出で、家計・住宅ローン返済に支障がきたしてしまうといけません。長期的な返済となる住宅ローンの場合、ご家族構成や状況の変化による支出や、住宅維持費用なども考慮した支出環境をみる必要がございます。

3.緊急対応環境

内部環境の変化などにより、いざという場面が生じたとき、どれだけの対応環境にあるかを見ておく必要があります。例えば、現在は専業主婦だが、親が近くに住んでいて、いざとなれば働けるような環境にある、などです。とくに育児面でのサポートを期待できるか。緊急的な対応に使える貯蓄(援助)などがあるのか、などを見ておく必要があります。

☆総括

外部環境に関しては、なかなかこれ以上は望めないような購入環境にあると言っても過言ではないかもしれません。判断の分かれ目になるのは、購入する方の収入や支出など内部環境になります。内部環境が整わないまま、外部環境だけの判断で購入することがないよう、専門家に相談しながら、判断されることをお勧めします。


◆ この執筆者のコラム一覧
    2010年 8月10日 更新 住宅購入環境のチェック
    2010年 7月10日 更新 ローンサイクルコスト
    2010年 6月10日 更新 LTV(ローントゥバリュー)
    2010年 5月10日 更新 家計の債務超過
    2010年 4月10日 更新 「借りられる金額」よりも「借りてはいけない金額」
    2010年 2月11日 更新 土地のつなぎ融資
    2010年 1月10日 更新 2010年の金利予想
    2009年12月10日 更新 持ち家推進政策
    2009年11月10日 更新 火災保険の改定
    2009年10月10日 更新 子供手当てで住宅ローン
    2009年 9月10日 更新 土地購入時の住宅ローン
    2009年 8月 7日 更新 今と3年後の購入比較
    2009年 7月12日 更新 住み替えの住宅ローン
    2009年 6月10日 更新 経済危機対策による住宅税制・融資制度
    2009年 5月10日 更新 金利上昇の余地を推察してみました
    2009年 4月10日 更新 住宅市場の活性化策
    2009年 3月10日 更新 連帯保証人と住宅ローン控除
    2009年 2月11日 更新 長期金利動向をどう読む?
    2009年 1月10日 更新 変動金利って危ない?
    2008年12月10日 更新 フラット50
    2008年11月10日 更新 住宅ローン減税延長と入居時期
    2008年10月10日 更新 銀行からのメッセージ
    2008年 9月10日 更新 自営業者の住宅ローン
    2008年 8月 8日 更新 住宅ローン選びの考え方
    2008年 7月10日 更新 インフレと金利と不動産
    2008年 6月10日 更新 住宅ローンをアドバイスする人
    2008年 5月10日 更新 金利動向の潮目が変わったか
    2008年 4月11日 更新 返済途中の残高計算法
    2008年 3月10日 更新 住宅ローン、いつまでに返し終える?
    2008年 2月10日 更新 住宅ローン検討の公式集
    2007年12月23日 更新 2008年の住宅ローンと不動産市場予想

>>> 他の執筆者のコラムを読む
>>> この執筆者の詳しいプロフィール


この専門家に相談してみたいと思った方は、まず、相談内容・料金等について気軽に問合せしてみましょう。問合せ方法は、以下のお電話または問合せフォームからお願いいたします。もちろん、お問合せは無料です(ご利用規約)。

電話番号 : 04−7176−1611
   ※直接、この専門家の会社へお電話がかかります。
   ※「住宅ローンの殿堂というサイトを見て電話しました」と仰ってください。

この専門家のHPから問い合わせる

戻る

住宅検査・内覧会立会いのアネスト
一戸建ての住宅検査サービス一覧
東京都・神奈川県・埼玉県・愛知県・大阪府・兵庫県・福岡県などで新築一戸建て建物調査
東京都・神奈川県・埼玉県・愛知県・大阪府・兵庫県・福岡県などで中古一戸建て建物調査
東京都・神奈川県・埼玉県・愛知県・大阪府・兵庫県・福岡県などで内覧会立会い・同行

内覧会立会い

住宅ローンのコラム

住宅ローンの相談

住宅ローン・シミュレーションの殿堂

住宅ローンの専門家
山下修一
柴田誠
山宮達也
半田典久
東城勝
荒井康矩

コラムのカテゴリー
資金計画のノウハウ
住宅ローンの金利
住宅業界・住宅ローンの市場
住宅金融支援機構のフラット35
住宅ローンの繰上返済・借り換え
生命保険・火災保険・地震保険
住宅ローンの返済困難
ライフプラン(人生設計)
住宅ローン控除(減税)・税金
住宅ローン等の諸費用
住宅ローン・資金計画の相談
その他

専門家のサポート
購入前の住宅検査(一戸建て)
購入前のマンション調査
内覧会立会い(一戸建て)
内覧会立会い(マンション)

FP(執筆者)の募集
本サイト(住宅ローンの殿堂)にコラムを提供して頂けるファイナンシャル・プランナーを募集しております。
執筆者の相談サービス、セミナー情報等を無償でPRいたします。
FP募集の詳細


HOME | はじめての方へ | 運営会社 | 利用規約 | お問合せ | サイトマップ | リンク | 住宅ローン相談 | 住宅検査