物件探しの前に資金計画でリスクを避けよう

 住宅ローンの殿堂
住宅ローン相談

物件探しの前に資金計画でリスクを避けよう


執筆者
会社名
HP
: 半田典久
: 多摩プランニングオフィス
: http://www.tama-p.jp/

>>> この執筆者の詳しいプロフィール

30歳代になり、結婚もして子供ができるような頃になると、気になりだすのが住宅の取得です。結婚当初は夫婦2人でもあるし、安いアパートのようなところでも良いかと思うものですが、いよいよ子供ができる頃になると、本当の意味で「家庭」というものに関心が向かいます。

よく住宅メーカーのCMでやっている幸せな家族との生活、立派な家のコマーシャルイメージです。「あんな家庭にしたいね」から「そろそろ家でも買うか」と話が広がります。親も「もうお前も家でも買って・・」という話もしてきます。

奥さんも精神的に安心感があるのか、家という「物」には非常に熱心です。さらに「会社の同僚も家を買った」などの情報も入ってくると「買わなければならない」との脅迫観念も次第に生まれてきます。そして物件探しなどという流れになることが多いのではないでしょうか?

バブル前頃では、さらに「不動産は今が一番安い、将来は高くなるぞ」とか「近所の○○さんの家が○○万円で売れたらしいよ、買った時はたった○○万円だったのに」「家を買った当時はローンが大変だったけれど、今じゃ子供の小遣い程度の負担だよ」などという話も流れてきて一層気持ちも揺らいだものです。

このような幸福な話が成り立った時代には、かなり前提条件、時代背景があります。?住宅(土地)の価格は将来上がること。?給与が将来上がること?終身雇用も可能だったこと?退職金も十分支給されたことなど?家を売る・貸すという場合には、容易にできたこと、つまり「安定していて将来が計算できた時代」です。「住宅さえ買っておけば、失敗はない」「万一返済に失敗してもリカバリーできる時代」でした。

今はどうでしょうか??〜?までいずれも保障できない時代です。かなりの大企業でも20〜30年も先の話になると不安があるでしょう。多くの人は、ローンを組んで家を取得します。借りた額はいずれ返さなければならない。この原則はいつも不変です。

また返済は原則待ってくれない。住宅ローンも、普通の借金と何ら変わることがないのです。それもかなりの高額の借金です。途中で返せなくなれば、住宅は手放さなければならなくなる。このように考えると結構な冒険です。

よく金融商品で「リスクは大丈夫か、元本保証か」などという話がありますが、恐らくこの場合のリスクは、せいぜい数十万円とかのレベルの話が多いのではないでしょうか?家のローンの場合では、リスクは数百万円〜千万円以上にもなるかもしれません。

昔のような幸せで、多少失敗があっても解消される時代ではなくなりました。今では冒頭のような話も減ってはきているでしょう。しかし、周りから言われて、CMを見てなどの衝動買いは止めた方が良いでしょう。物件探しの前に、ローンを借りたら返せるのか、長期でも大丈夫なのか、状況の変化があっても大丈夫なのかなどを考えなければなりません。

このようなことは頭で考えていても、良くわかりません。わかる方法があります。それは「キャッシュフロー表」を作ることです。資金の収支や将来の資金の状況がわかる表です。

ここに自分の将来の計画や必要な資金を入れていけば、返済の苦しさの程度も見えてきます。

金融機関の返済予定表では、いくら返すかの金額は見えても、自分の場合に「どれだけの負担」になるのか、「返せるのか」は見えてきません。これを見ることができるのが「キャッシュフロー表」です。

物件探しにいくと、物件の良さや幸せ感の方に目が行き、正常な判断ができなくなり、適切な住宅ローン金額をオーバーしがちです。

物件探しの前に、まず「資金計画」です。それで返済可能なローンの金額を考え予算を立て、それから物件探しを始めるのが良いのです。こんな時代でも、まだ頭金すら十分でない所得も少ない方が、多額のローンで家を買うと言うことが目につきます。これからはこんな向こう見ずなことを避けて、将来の危険を事前に考えることが重要です。

「独立のファイナンシャルプランナー」に頼めば、このような「キャッシュフロー表」は作ってもらえますし、保険や資産の運用など全体の見直し相談も可能です。失敗したくない方にはお勧めします。


◆ この執筆者のコラム一覧
    2010年 9月 4日 更新 マンションにもリバースモーゲージ
    2010年 4月18日 更新 マグマがたまった日本?に備える
    2010年 3月17日 更新 高齢者の住み替えについて
    2010年 2月16日 更新 高齢者の住まいは、どうあるべきか?
    2010年 1月15日 更新 住宅取得促進策はもう古いのか?
    2009年12月15日 更新 「事業仕分け」が家庭にも必要ですね
    2009年11月15日 更新 これだけで本当に良いのか?住宅ローンの判断基準
    2009年10月15日 更新 公共事業とかけて住宅ローンと解く・・その心は?
    2009年 9月15日 更新 民主党政権と住宅ローン
    2009年 8月17日 更新 変動金利に人気が集中・・トレンドかサイクルか?
    2009年 7月15日 更新 ミックス型の住宅ローンを考える
    2009年 6月15日 更新 次々続く住宅のための優遇制度を考える
    2009年 5月15日 更新 「住宅は今買い時か?」で考える
    2009年 4月15日 更新 「住宅ローン返しやすく」・・・・??
    2009年 3月15日 更新 200年住宅法で思うこと
    2009年 2月15日 更新 住宅取得、今こそ本当にプランが必要になってきた!
    2009年 1月18日 更新 「ワークシェアリング」で考える
    2008年12月16日 更新 マンションもスラム化する!?
    2008年11月15日 更新 金融機関出身者は、FPに最適なのか??
    2008年10月15日 更新 あるローンの相談から
    2008年 9月15日 更新 防災の日に考えること
    2008年 8月15日 更新 住宅ローンもわかりやすいものを
    2008年 7月15日 更新 住宅ローンを考える1つの視点
    2008年 6月15日 更新 住宅は、20年後の街を予想して買いましょう。
    2008年 5月15日 更新 パンダと住宅ローン
    2008年 4月15日 更新 住宅ローン相談は、とにかくお早めに!
    2008年 3月 4日 更新 60歳での住宅取得も考えては?
    2008年 2月14日 更新 住宅ローンのご相談から
    2008年 1月29日 更新 物件探しの前に資金計画でリスクを避けよう

>>> 他の執筆者のコラムを読む
>>> この執筆者の詳しいプロフィール


この専門家に相談してみたいと思った方は、まず、相談内容・料金等について気軽に問合せしてみましょう。問合せ方法は、以下のお電話または問合せフォームからお願いいたします。もちろん、お問合せは無料です(ご利用規約)。

電話番号 : 03−3430−9011
   ※直接、この専門家の会社へお電話がかかります。
   ※「住宅ローンの殿堂というサイトを見て電話しました」と仰ってください。

この専門家のHPから問い合わせる

戻る

住宅検査・内覧会立会いのアネスト
一戸建ての住宅検査サービス一覧
東京都・神奈川県・埼玉県・愛知県・大阪府・兵庫県・福岡県などで新築一戸建て建物調査
東京都・神奈川県・埼玉県・愛知県・大阪府・兵庫県・福岡県などで中古一戸建て建物調査
東京都・神奈川県・埼玉県・愛知県・大阪府・兵庫県・福岡県などで内覧会立会い・同行

内覧会立会い

住宅ローンのコラム

住宅ローンの相談

住宅ローン・シミュレーションの殿堂

住宅ローンの専門家
山下修一
柴田誠
山宮達也
半田典久
東城勝
荒井康矩

コラムのカテゴリー
資金計画のノウハウ
住宅ローンの金利
住宅業界・住宅ローンの市場
住宅金融支援機構のフラット35
住宅ローンの繰上返済・借り換え
生命保険・火災保険・地震保険
住宅ローンの返済困難
ライフプラン(人生設計)
住宅ローン控除(減税)・税金
住宅ローン等の諸費用
住宅ローン・資金計画の相談
その他

専門家のサポート
購入前の住宅検査(一戸建て)
購入前のマンション調査
内覧会立会い(一戸建て)
内覧会立会い(マンション)

FP(執筆者)の募集
本サイト(住宅ローンの殿堂)にコラムを提供して頂けるファイナンシャル・プランナーを募集しております。
執筆者の相談サービス、セミナー情報等を無償でPRいたします。
FP募集の詳細


HOME | はじめての方へ | 運営会社 | 利用規約 | お問合せ | サイトマップ | リンク | 住宅ローン相談 | 住宅検査