「ワークシェアリング」で考える

 住宅ローンの殿堂
住宅ローン相談

「ワークシェアリング」で考える


執筆者
会社名
HP
: 半田典久
: 多摩プランニングオフィス
: http://www.tama-p.jp/

>>> この執筆者の詳しいプロフィール

最近の金融危機と不況から、派遣切りが発生し、このお正月には「派遣村」が話題になりました。その対策として、しばらく音沙汰なかったのに、ここへ来て再登場したのが、「ワークシェアリング」です。

「派遣切り」は、あまりに非人道的でひどすぎる。しかし、かと言って、彼らを救うための余裕原資がもう会社にはない(大手は、内部留保には手を付けたくないらしいですが)・・ということで、限られた原資をどう配分するかの問題が出てきました。

会社ばかりに文句を言っても仕方ない。正社員も少しは妥協して、みんなで仕事を分け合って、非人道的なことはやめようじゃないか・・ということですね。

この制度は、実施にあたって、いろいろな問題をはらんでいるようですが、このような流れの中で、最近「正社員と派遣の給与の差があまりに大きいのではないか?」ということを問題として掲げる識者も出てきました。同じ会社で同じような仕事をしているのであれば、給与はほとんど同じなのが公平なのではないか、という「同一労働・同一賃金」の考え方です。労働者の3割にも増えた派遣に比べて、正社員は、あまりに優遇されすぎており、もう「既得権」になっているということでしょう。

この話しの流れでいくと、いろいろな形はありそうですが、いずれ「正社員の優遇」は、次第に崩れていきそうです。また、企業・自治体も含めて、給与カットの話しが増えてきました。企業や自治体でも、カットは1割程度で済まないところも出てきそうです。

こう考えていくと、今後の景気にもよるのでしょうが、正社員の給与は次第に下がっていきそうです。

ところで住宅取得の時、多くの人は、どのようなシュミレーションをしたのでしょうか?

「今後給与が上がることは、あまり期待できそうもないが、まあ下がることまではないだろうから、将来とも横ばいで推移するくらいに考えておけば安全かな?」などと考えていた人も結構多いでしょう。

しかし、ここまでの話のように、今後は給与が下がる(時には大幅に)ことも考えておかねばいけないことになりました。

2003年頃、評論家の森永卓郎氏が「年収300万円時代を生き抜く経済学」で給与激減をテーマにした本を書いて話題になりましたが、最近は、週刊誌にも「給与半額時代が来る!」というようなセンセーショナルな表題すら登場するようになりました。これもさすがに週刊誌的なタイトルでしょうが、トヨタのような超優良大企業が、突然営業赤字になるような時代になると、全くあり得ないとまでは言い切れません。

これからの住宅取得シュミレーションは、いままで以上にさらに踏み込んで、
「もし給与が減ったら、本当に返済できるのか?2割カットでもいけるのか?」
「リストラに遭ったら、失業状態がどの程度の期間続くのか?本当に次の職はあるのか?」
「途中で企業がつぶれたらどうなるのか?」
「次の企業では、激減した給与で働くことになるのではないか?」
など、さらに一層厳しく考えてみる必要がでてきました。

以前から、給与が少なくてもかなり過大に借りている、「危ない住宅ローンの返済プラン」が多いと言われて来ましたが、ここでさらに給与の大幅減額が想定されると、一層問題悪化です。これでは本当に「日本版サブプライム問題」になるのではないでしょうか?


◆ この執筆者のコラム一覧
    2010年 9月 4日 更新 マンションにもリバースモーゲージ
    2010年 4月18日 更新 マグマがたまった日本?に備える
    2010年 3月17日 更新 高齢者の住み替えについて
    2010年 2月16日 更新 高齢者の住まいは、どうあるべきか?
    2010年 1月15日 更新 住宅取得促進策はもう古いのか?
    2009年12月15日 更新 「事業仕分け」が家庭にも必要ですね
    2009年11月15日 更新 これだけで本当に良いのか?住宅ローンの判断基準
    2009年10月15日 更新 公共事業とかけて住宅ローンと解く・・その心は?
    2009年 9月15日 更新 民主党政権と住宅ローン
    2009年 8月17日 更新 変動金利に人気が集中・・トレンドかサイクルか?
    2009年 7月15日 更新 ミックス型の住宅ローンを考える
    2009年 6月15日 更新 次々続く住宅のための優遇制度を考える
    2009年 5月15日 更新 「住宅は今買い時か?」で考える
    2009年 4月15日 更新 「住宅ローン返しやすく」・・・・??
    2009年 3月15日 更新 200年住宅法で思うこと
    2009年 2月15日 更新 住宅取得、今こそ本当にプランが必要になってきた!
    2009年 1月18日 更新 「ワークシェアリング」で考える
    2008年12月16日 更新 マンションもスラム化する!?
    2008年11月15日 更新 金融機関出身者は、FPに最適なのか??
    2008年10月15日 更新 あるローンの相談から
    2008年 9月15日 更新 防災の日に考えること
    2008年 8月15日 更新 住宅ローンもわかりやすいものを
    2008年 7月15日 更新 住宅ローンを考える1つの視点
    2008年 6月15日 更新 住宅は、20年後の街を予想して買いましょう。
    2008年 5月15日 更新 パンダと住宅ローン
    2008年 4月15日 更新 住宅ローン相談は、とにかくお早めに!
    2008年 3月 4日 更新 60歳での住宅取得も考えては?
    2008年 2月14日 更新 住宅ローンのご相談から
    2008年 1月29日 更新 物件探しの前に資金計画でリスクを避けよう

>>> 他の執筆者のコラムを読む
>>> この執筆者の詳しいプロフィール


この専門家に相談してみたいと思った方は、まず、相談内容・料金等について気軽に問合せしてみましょう。問合せ方法は、以下のお電話または問合せフォームからお願いいたします。もちろん、お問合せは無料です(ご利用規約)。

電話番号 : 03−3430−9011
   ※直接、この専門家の会社へお電話がかかります。
   ※「住宅ローンの殿堂というサイトを見て電話しました」と仰ってください。

この専門家のHPから問い合わせる

戻る

住宅検査・内覧会立会いのアネスト
一戸建ての住宅検査サービス一覧
東京都・神奈川県・埼玉県・愛知県・大阪府・兵庫県・福岡県などで新築一戸建て建物調査
東京都・神奈川県・埼玉県・愛知県・大阪府・兵庫県・福岡県などで中古一戸建て建物調査
東京都・神奈川県・埼玉県・愛知県・大阪府・兵庫県・福岡県などで内覧会立会い・同行

内覧会立会い

住宅ローンのコラム

住宅ローンの相談

住宅ローン・シミュレーションの殿堂

住宅ローンの専門家
山下修一
柴田誠
山宮達也
半田典久
東城勝
荒井康矩

コラムのカテゴリー
資金計画のノウハウ
住宅ローンの金利
住宅業界・住宅ローンの市場
住宅金融支援機構のフラット35
住宅ローンの繰上返済・借り換え
生命保険・火災保険・地震保険
住宅ローンの返済困難
ライフプラン(人生設計)
住宅ローン控除(減税)・税金
住宅ローン等の諸費用
住宅ローン・資金計画の相談
その他

専門家のサポート
購入前の住宅検査(一戸建て)
購入前のマンション調査
内覧会立会い(一戸建て)
内覧会立会い(マンション)

FP(執筆者)の募集
本サイト(住宅ローンの殿堂)にコラムを提供して頂けるファイナンシャル・プランナーを募集しております。
執筆者の相談サービス、セミナー情報等を無償でPRいたします。
FP募集の詳細


HOME | はじめての方へ | 運営会社 | 利用規約 | お問合せ | サイトマップ | リンク | 住宅ローン相談 | 住宅検査