次々続く住宅のための優遇制度を考える

 住宅ローンの殿堂
住宅ローン相談

次々続く住宅のための優遇制度を考える


執筆者
会社名
HP
: 半田典久
: 多摩プランニングオフィス
: http://www.tama-p.jp/

>>> この執筆者の詳しいプロフィール

なぜ、こんなに住宅取得の優遇制度が続くのだろうか?という気になるほど制度優遇が次々と打ち出されています。数年前は相続時精算課税贈与時の住宅取得の優遇、今回は贈与税の非課税枠500万円の創設、フラット35の制度改正、フラット50の新設、長期優良住宅制度など・・本当に住宅がらみのものが矢継ぎ早です。

確かにこの突然の不況期への突入になり、住宅購入が落ち込む中で、住宅取得は、関連消費も含めれば大きな経済効果を生むので、政府として不況になれば真っ先に数々の対策として出したくなるところはあるでしょう。

しかし、そうだからと言って、普通の人がそれにホイホイと乗ってよいのでしょうか?
「住宅取得=幸せ」の幻想の呪縛から少し距離を置いて考えてみませんか?

確かに十分な財産的余裕、明確な長期見通しがあれば、このような公式もある程度成り立つのでしょうが、いまや特に若者層において顕著であるように明日も分からない低所得者層が増え、中流層がなくなって2極分化しているといわれている時代、さらに急速な高齢化が進んでいる時代、単身者の増加、住宅の過剰時代にあって、もう若者のための「持ち家政策」を促進させることそのものへの疑問とその住宅取得のための各種優遇の拡充が本当に効果的なのか、そして何より「多くの人の幸せ」につながるのかと考えなければなりません。

現状にあって、住宅取得の前に少子化や教育、雇用、年金をはじめ高齢者の問題が解決されないことには、どの年齢層にあっても不安感が先にあって、幸福感も意欲も出てこないでしょう。その上まだ幻想に取り付かれていて、本来住宅を買ってはいけないような低所得階層にも、使いやすくなった制度を利用して住宅を購入促進させる政策というのは、ある意味、幸福からは逆方向進むことを促進させているように思えます。

住宅取得には、大きく2つの問題があるように思います。
1つは、当然ローンが長期間返済できるのか?ということ。
もう1つは、住宅に長期に資金を固定してしまって良いのだろうか? ということです。

まだ政治が不明確であり、教育費は高く、高齢者の医療や介護、年金に関わる問題が解決していません。
自分も、親も10〜30年を考えると収入はいつ減るか分からない、費用負担はいつ急に増えるかわからない、こんな時代では家計の急変に備えて容易に現金化できるものが手元にあることや、住まい方が変えられることが非常に重要です。

過去を見ても、住宅以外の場合で考えても、「目先の損得勘定」で動いて、長期で考えた場合に「本当の得」になることがどれほどあるでしょうか?

例はあまり良くないかもしれませんが
100万円の貯金がある女性(男性)
500万円の貯金がある女性(男性)
さて、あなたはどちらと結婚しますか?

お金は、金額が明確なのでどちらが得かは、はっきり判断がつきます。 そこで500万円持っている方と結婚するのでしょうか?

当然ながら長期の結婚相手として選ぶには、貯金額より女性や男性の方が問題ですね。
性格や収入、職業、親のこと・・・など、未知のことも含めればいろいろとありますね。
どちらが良いかは、貯金額より「本人」を見ることが重要です。
住宅も同じはずです。なぜ住宅の場合には、この500万円に飛びつく人が増えるのか不思議です。このような「分かりやすい目先の損得勘定」だけで、飛びつかないようにしたいものです。

そもそも「目先の損得条件」は、設定した人が自分の都合のために設定するものです。設定された人は、自分の有利さを求めて動いているつもりが、実は相手の有利になる条件設定に躍らされていることがほとんどです。

そしていま数々提示されている優遇制度は、「今の状況で考えた」、「あくまで数字計算できる部分だけ考えた」、「目先の損得勘定」です。「あなたが有利になるための設定された、幸福になるためのものではありません」 多くの要素や幸福に影響する要素が、考えられておらず抜け落ちています。

例えば、将来の住宅の資産価値がどうなっているかもわからないのに、また売った場合にも買ってくれる人がいるかどうかもわからないのに、ローン返済額など数字で計算できるところだけ計算しても、損得を計算したことにすらなっていません。今回のような制度変更は、結局は無視しても良い話と思います。何も急ぐことはありません。
気にすれば、相手の注文どおり動かされてしまうことになるからです。

もっと自分主体で、自分の経済状況がこれからどう変わるのか、子供のこと、親のこといろいろあると思います。全部が自分のお金で実現できないとしたら何を重要視するのか、優先順位をつけておきましょう。その場合に住宅取得という大きな長期の買い物は、本当に「幸せ」の絶対条件になるのでしょうか?優位性が高いのでしょうか?借家では絶対不幸になるのでしょうか?

私だって思い返せば、今までに7〜8回転居しています。
もっと転居している人も多いでしょう。
そもそも農耕時代でもなければ、今の時代、転居は人生で当たり前のものなのです。

このままの状態では、日本は「沈没状態」になるので、政府もいずれ今後いろいろと政策転換せざるを得ないでしょう。もっとまともな将来を見通せる時代になって住宅を考えても良いでしょう。回りに振り回されず、自分の頭で考えることが重要になります。


◆ この執筆者のコラム一覧
    2010年 9月 4日 更新 マンションにもリバースモーゲージ
    2010年 4月18日 更新 マグマがたまった日本?に備える
    2010年 3月17日 更新 高齢者の住み替えについて
    2010年 2月16日 更新 高齢者の住まいは、どうあるべきか?
    2010年 1月15日 更新 住宅取得促進策はもう古いのか?
    2009年12月15日 更新 「事業仕分け」が家庭にも必要ですね
    2009年11月15日 更新 これだけで本当に良いのか?住宅ローンの判断基準
    2009年10月15日 更新 公共事業とかけて住宅ローンと解く・・その心は?
    2009年 9月15日 更新 民主党政権と住宅ローン
    2009年 8月17日 更新 変動金利に人気が集中・・トレンドかサイクルか?
    2009年 7月15日 更新 ミックス型の住宅ローンを考える
    2009年 6月15日 更新 次々続く住宅のための優遇制度を考える
    2009年 5月15日 更新 「住宅は今買い時か?」で考える
    2009年 4月15日 更新 「住宅ローン返しやすく」・・・・??
    2009年 3月15日 更新 200年住宅法で思うこと
    2009年 2月15日 更新 住宅取得、今こそ本当にプランが必要になってきた!
    2009年 1月18日 更新 「ワークシェアリング」で考える
    2008年12月16日 更新 マンションもスラム化する!?
    2008年11月15日 更新 金融機関出身者は、FPに最適なのか??
    2008年10月15日 更新 あるローンの相談から
    2008年 9月15日 更新 防災の日に考えること
    2008年 8月15日 更新 住宅ローンもわかりやすいものを
    2008年 7月15日 更新 住宅ローンを考える1つの視点
    2008年 6月15日 更新 住宅は、20年後の街を予想して買いましょう。
    2008年 5月15日 更新 パンダと住宅ローン
    2008年 4月15日 更新 住宅ローン相談は、とにかくお早めに!
    2008年 3月 4日 更新 60歳での住宅取得も考えては?
    2008年 2月14日 更新 住宅ローンのご相談から
    2008年 1月29日 更新 物件探しの前に資金計画でリスクを避けよう

>>> 他の執筆者のコラムを読む
>>> この執筆者の詳しいプロフィール


この専門家に相談してみたいと思った方は、まず、相談内容・料金等について気軽に問合せしてみましょう。問合せ方法は、以下のお電話または問合せフォームからお願いいたします。もちろん、お問合せは無料です(ご利用規約)。

電話番号 : 03−3430−9011
   ※直接、この専門家の会社へお電話がかかります。
   ※「住宅ローンの殿堂というサイトを見て電話しました」と仰ってください。

この専門家のHPから問い合わせる

戻る

住宅検査・内覧会立会いのアネスト
一戸建ての住宅検査サービス一覧
東京都・神奈川県・埼玉県・愛知県・大阪府・兵庫県・福岡県などで新築一戸建て建物調査
東京都・神奈川県・埼玉県・愛知県・大阪府・兵庫県・福岡県などで中古一戸建て建物調査
東京都・神奈川県・埼玉県・愛知県・大阪府・兵庫県・福岡県などで内覧会立会い・同行

内覧会立会い

住宅ローンのコラム

住宅ローンの相談

住宅ローン・シミュレーションの殿堂

住宅ローンの専門家
山下修一
柴田誠
山宮達也
半田典久
東城勝
荒井康矩

コラムのカテゴリー
資金計画のノウハウ
住宅ローンの金利
住宅業界・住宅ローンの市場
住宅金融支援機構のフラット35
住宅ローンの繰上返済・借り換え
生命保険・火災保険・地震保険
住宅ローンの返済困難
ライフプラン(人生設計)
住宅ローン控除(減税)・税金
住宅ローン等の諸費用
住宅ローン・資金計画の相談
その他

専門家のサポート
購入前の住宅検査(一戸建て)
購入前のマンション調査
内覧会立会い(一戸建て)
内覧会立会い(マンション)

FP(執筆者)の募集
本サイト(住宅ローンの殿堂)にコラムを提供して頂けるファイナンシャル・プランナーを募集しております。
執筆者の相談サービス、セミナー情報等を無償でPRいたします。
FP募集の詳細


HOME | はじめての方へ | 運営会社 | 利用規約 | お問合せ | サイトマップ | リンク | 住宅ローン相談 | 住宅検査