高齢者の住まいは、どうあるべきか?

 住宅ローンの殿堂
住宅ローン相談

高齢者の住まいは、どうあるべきか?


執筆者
会社名
HP
: 半田典久
: 多摩プランニングオフィス
: http://www.tama-p.jp/

>>> この執筆者の詳しいプロフィール

先日、新築の高齢者向け賃貸住宅を見てきました。

今高齢者の住まいは、少しずつ新しいタイプが建築されているのでしょうが、なかなか適当なものがありません。元気であれば、もちろん自宅がベストなのでしょうが、大抵の場合、自宅は若い時に建てたもので、バリアフリーではありません。またそれぞれの設備も、老人向きには出来ていません。改良すれば良いことは分かっているのでしょうが、まだ大丈夫だと思っているうちに風呂場や階段での事故など、自宅での事故が少なくないようです。

また、老後の住まいとなる各種老人施設は、沢山の種類があります。代表的なものとして比較的介護度が高い方対象の特別養護老人ホームの場合は、もうほとんど一杯で長期順番待ちの状態であり、一方有料老人ホームは、入ることはできるものの、まだまだ高額のものが多い状態です。その他の施設も多くは健康なうちは住めますが、一旦病気や介護が必要な事態になると、そこから追い出され、居続けることはなかなか困難なものがほとんどです。そのまま「終の棲家」にはならないわけです。

今回見学した住居は、マンションタイプで全部単身用の作りでした。
地下鉄の駅から3分で、駅前の数々の店が使える点では立地としては申し分ありません。
入り口のセキュリティもしっかりしており、全館内廊下でバリアフリー、各部屋はホテルの部屋のイメージで、タンスなどが転倒しないように家具などもすでにシステム収納の形で設置されています。

各部屋には、洗濯機や簡単な調理ができる台所があり、中で倒れた場合に備えてトイレなど一定時間動きがないと、センサーで警備会社へ通報されます。収納場所も結構確保されています。ここに入り切らないものは、別途トランクルームに入れるようになっています。

玄関から入ると、広い空間があり吹き抜けのある共用のラウンジ・多目的ホールがありました。1階には中庭もあります。また、医療機関などとも提携しています。

共用のラウンジ・多目的ホールは、かなり豪華な感じで見映えが良いですが、部屋は完全なマンションの独立部屋のようになっているので、1人で暮らすには寂しげな印象もありました。当日は寒かったので、特にそのように思えたのかもしれません。

これから高齢者の住まいは、人数が増えることで次々いろいろなタイプが開発されていくでしょう。
ここでの話し合いの席でも意見が出ていましたが、やはり日本人は最後まで自宅に固執しがちで、住み替えが遅れがちだと思います。また住み替えするにも、適当な住居がないからということもあるでしょう。

とうとう介護状態など、どうしようもなく本当に困ってから、適当な所をあちこち探し回るのが現状です。身体状況に合った住まい方に順番に移っていくような形があってもよいのではないでしょうか?

自宅では、立地は変えようもなく、設備も変えにくく、身体状況などに応じて住まい方を変えようとするときには、なかなか思うようになりません。外部の医療・介護などの支援を受けるにも便利ではありません。

一方有料老人ホームも、自宅を売って多額の入居一時金を払い「終の棲家」のように思い勘違いして入居すると大変です。
長い時間では、運営会社の倒産もありうるし、施設の人間や体制が変わって非常に住みづらい状況に変わることもあります。また体の状況が悪くなると、多くの施設は居られません。多額の入居一時金が、わずかしか帰って来ないなどのトラブルも少なくありません。

今後は、もっと「賃貸住宅」の柔軟さが評価されて、年齢や身体状況、資産状況に応じた幅広い高齢者の住まいが増えることが期待されますね。


◆ この執筆者のコラム一覧
    2010年 9月 4日 更新 マンションにもリバースモーゲージ
    2010年 4月18日 更新 マグマがたまった日本?に備える
    2010年 3月17日 更新 高齢者の住み替えについて
    2010年 2月16日 更新 高齢者の住まいは、どうあるべきか?
    2010年 1月15日 更新 住宅取得促進策はもう古いのか?
    2009年12月15日 更新 「事業仕分け」が家庭にも必要ですね
    2009年11月15日 更新 これだけで本当に良いのか?住宅ローンの判断基準
    2009年10月15日 更新 公共事業とかけて住宅ローンと解く・・その心は?
    2009年 9月15日 更新 民主党政権と住宅ローン
    2009年 8月17日 更新 変動金利に人気が集中・・トレンドかサイクルか?
    2009年 7月15日 更新 ミックス型の住宅ローンを考える
    2009年 6月15日 更新 次々続く住宅のための優遇制度を考える
    2009年 5月15日 更新 「住宅は今買い時か?」で考える
    2009年 4月15日 更新 「住宅ローン返しやすく」・・・・??
    2009年 3月15日 更新 200年住宅法で思うこと
    2009年 2月15日 更新 住宅取得、今こそ本当にプランが必要になってきた!
    2009年 1月18日 更新 「ワークシェアリング」で考える
    2008年12月16日 更新 マンションもスラム化する!?
    2008年11月15日 更新 金融機関出身者は、FPに最適なのか??
    2008年10月15日 更新 あるローンの相談から
    2008年 9月15日 更新 防災の日に考えること
    2008年 8月15日 更新 住宅ローンもわかりやすいものを
    2008年 7月15日 更新 住宅ローンを考える1つの視点
    2008年 6月15日 更新 住宅は、20年後の街を予想して買いましょう。
    2008年 5月15日 更新 パンダと住宅ローン
    2008年 4月15日 更新 住宅ローン相談は、とにかくお早めに!
    2008年 3月 4日 更新 60歳での住宅取得も考えては?
    2008年 2月14日 更新 住宅ローンのご相談から
    2008年 1月29日 更新 物件探しの前に資金計画でリスクを避けよう

>>> 他の執筆者のコラムを読む
>>> この執筆者の詳しいプロフィール


この専門家に相談してみたいと思った方は、まず、相談内容・料金等について気軽に問合せしてみましょう。問合せ方法は、以下のお電話または問合せフォームからお願いいたします。もちろん、お問合せは無料です(ご利用規約)。

電話番号 : 03−3430−9011
   ※直接、この専門家の会社へお電話がかかります。
   ※「住宅ローンの殿堂というサイトを見て電話しました」と仰ってください。

この専門家のHPから問い合わせる

戻る

住宅検査・内覧会立会いのアネスト
一戸建ての住宅検査サービス一覧
東京都・神奈川県・埼玉県・愛知県・大阪府・兵庫県・福岡県などで新築一戸建て建物調査
東京都・神奈川県・埼玉県・愛知県・大阪府・兵庫県・福岡県などで中古一戸建て建物調査
東京都・神奈川県・埼玉県・愛知県・大阪府・兵庫県・福岡県などで内覧会立会い・同行

内覧会立会い

住宅ローンのコラム

住宅ローンの相談

住宅ローン・シミュレーションの殿堂

住宅ローンの専門家
山下修一
柴田誠
山宮達也
半田典久
東城勝
荒井康矩

コラムのカテゴリー
資金計画のノウハウ
住宅ローンの金利
住宅業界・住宅ローンの市場
住宅金融支援機構のフラット35
住宅ローンの繰上返済・借り換え
生命保険・火災保険・地震保険
住宅ローンの返済困難
ライフプラン(人生設計)
住宅ローン控除(減税)・税金
住宅ローン等の諸費用
住宅ローン・資金計画の相談
その他

専門家のサポート
購入前の住宅検査(一戸建て)
購入前のマンション調査
内覧会立会い(一戸建て)
内覧会立会い(マンション)

FP(執筆者)の募集
本サイト(住宅ローンの殿堂)にコラムを提供して頂けるファイナンシャル・プランナーを募集しております。
執筆者の相談サービス、セミナー情報等を無償でPRいたします。
FP募集の詳細


HOME | はじめての方へ | 運営会社 | 利用規約 | お問合せ | サイトマップ | リンク | 住宅ローン相談 | 住宅検査