防災の日に考えること

 住宅ローンの殿堂
住宅ローン相談

防災の日に考えること


執筆者
会社名
HP
: 半田典久
: 多摩プランニングオフィス
: http://www.tama-p.jp/

>>> この執筆者の詳しいプロフィール

9月1日は例年防災の日ということで地震の訓練などが行われます。
先日耐震セミナーを聞いてきました。

住宅を買っても、その後30年40年と住むわけですね。
そしてその間、住宅ローンをずっと払い続けるかもしれないわけです。
この間にせっかく買った住宅が、地震で倒れたりしたら大変です。

阪神淡路大震災は記憶に新しいところ、この時に被害にあった人の中には、新居でローンの返済が始まったところで被災した人もいました。
「夢破れて山河あり」ならぬ「夢破れて住宅ローンあり」になってしまったのです。

さらに今の住宅には住めなくなったので、新たに住宅を買ってダブルローンになったという話も報道されました。住宅を買ってもその後の地震は怖いわけです。

関東地区では、今後30年以内にマグニチュード7クラスの地震が起こる可能性は70%だそうです。そうすると今買った住宅では、必ずと言っても良いくらい大地震に遭うことを考えておかねばなりませんね。

地震に強い建物かどうかの1つの判断基準は、昭和56年5月以前の基準で建てられたかどうかです。ここで耐震基準が大きく異なっています。阪神淡路大震災でも、新しい耐震基準で建築されたものは70%以上が無被害か軽微な被害だったようです。

それ以前の建物でも、耐震工事をすると相当違います。マンションなどでも柱に炭素繊維を巻いたり、鋼板を巻いたり、鉄骨ブレースと言う筋交いに似たようなものを入れると耐震性がアップします。マンションのような大きな建物で、1階部分に何かを巻いたりした程度で本当に効果あるの?と思えるのですが、こうした耐震補強をするだけでもかなり違うようです。

また木造だから弱い、鉄筋コンクリートなら強いとも言えないとのことです。
構造やバランスの方が大きな問題です。阪神淡路大震災で死亡した方の多くが、建物の倒壊による圧死だったということで、まずは建物の安全性が重要ですね。

最近は、地方自治体などで耐震診断や耐震補強などに各種助成金が出ることもありますので、それぞれの自治体で確認してみてください。

そしてもう1つ気になること・・現在は、かなり安価な住宅なども出ていますが、本当に耐震性は大丈夫なのでしょうか?
また、姉歯問題もありましたが、最近は業者も経済環境が厳しいこともあり、倫理観も薄れて偽装がはびこっています。溶融スラグ(廃棄物などの焼却残渣)や水などをコンクリートに混ぜたりしていることもあるようで、要注意です。

各段階で専門家の助けを借りて厳しくチェックしながら進めないと、ここにも思わぬ危険があるのかもしれません。



◆ この執筆者のコラム一覧
    2010年 9月 4日 更新 マンションにもリバースモーゲージ
    2010年 4月18日 更新 マグマがたまった日本?に備える
    2010年 3月17日 更新 高齢者の住み替えについて
    2010年 2月16日 更新 高齢者の住まいは、どうあるべきか?
    2010年 1月15日 更新 住宅取得促進策はもう古いのか?
    2009年12月15日 更新 「事業仕分け」が家庭にも必要ですね
    2009年11月15日 更新 これだけで本当に良いのか?住宅ローンの判断基準
    2009年10月15日 更新 公共事業とかけて住宅ローンと解く・・その心は?
    2009年 9月15日 更新 民主党政権と住宅ローン
    2009年 8月17日 更新 変動金利に人気が集中・・トレンドかサイクルか?
    2009年 7月15日 更新 ミックス型の住宅ローンを考える
    2009年 6月15日 更新 次々続く住宅のための優遇制度を考える
    2009年 5月15日 更新 「住宅は今買い時か?」で考える
    2009年 4月15日 更新 「住宅ローン返しやすく」・・・・??
    2009年 3月15日 更新 200年住宅法で思うこと
    2009年 2月15日 更新 住宅取得、今こそ本当にプランが必要になってきた!
    2009年 1月18日 更新 「ワークシェアリング」で考える
    2008年12月16日 更新 マンションもスラム化する!?
    2008年11月15日 更新 金融機関出身者は、FPに最適なのか??
    2008年10月15日 更新 あるローンの相談から
    2008年 9月15日 更新 防災の日に考えること
    2008年 8月15日 更新 住宅ローンもわかりやすいものを
    2008年 7月15日 更新 住宅ローンを考える1つの視点
    2008年 6月15日 更新 住宅は、20年後の街を予想して買いましょう。
    2008年 5月15日 更新 パンダと住宅ローン
    2008年 4月15日 更新 住宅ローン相談は、とにかくお早めに!
    2008年 3月 4日 更新 60歳での住宅取得も考えては?
    2008年 2月14日 更新 住宅ローンのご相談から
    2008年 1月29日 更新 物件探しの前に資金計画でリスクを避けよう

>>> 他の執筆者のコラムを読む
>>> この執筆者の詳しいプロフィール


この専門家に相談してみたいと思った方は、まず、相談内容・料金等について気軽に問合せしてみましょう。問合せ方法は、以下のお電話または問合せフォームからお願いいたします。もちろん、お問合せは無料です(ご利用規約)。

電話番号 : 03−3430−9011
   ※直接、この専門家の会社へお電話がかかります。
   ※「住宅ローンの殿堂というサイトを見て電話しました」と仰ってください。

この専門家のHPから問い合わせる

戻る

住宅検査・内覧会立会いのアネスト
一戸建ての住宅検査サービス一覧
東京都・神奈川県・埼玉県・愛知県・大阪府・兵庫県・福岡県などで新築一戸建て建物調査
東京都・神奈川県・埼玉県・愛知県・大阪府・兵庫県・福岡県などで中古一戸建て建物調査
東京都・神奈川県・埼玉県・愛知県・大阪府・兵庫県・福岡県などで内覧会立会い・同行

内覧会立会い

住宅ローンのコラム

住宅ローンの相談

住宅ローン・シミュレーションの殿堂

住宅ローンの専門家
山下修一
柴田誠
山宮達也
半田典久
東城勝
荒井康矩

コラムのカテゴリー
資金計画のノウハウ
住宅ローンの金利
住宅業界・住宅ローンの市場
住宅金融支援機構のフラット35
住宅ローンの繰上返済・借り換え
生命保険・火災保険・地震保険
住宅ローンの返済困難
ライフプラン(人生設計)
住宅ローン控除(減税)・税金
住宅ローン等の諸費用
住宅ローン・資金計画の相談
その他

専門家のサポート
購入前の住宅検査(一戸建て)
購入前のマンション調査
内覧会立会い(一戸建て)
内覧会立会い(マンション)

FP(執筆者)の募集
本サイト(住宅ローンの殿堂)にコラムを提供して頂けるファイナンシャル・プランナーを募集しております。
執筆者の相談サービス、セミナー情報等を無償でPRいたします。
FP募集の詳細


HOME | はじめての方へ | 運営会社 | 利用規約 | お問合せ | サイトマップ | リンク | 住宅ローン相談 | 住宅検査