いざとなれば・・・

 住宅ローンの殿堂
住宅ローン相談

いざとなれば・・・


執筆者
会社名
HP
: 山下修一
: 有限会社アズ・ユアプランナー
: http://www.ayp.co.jp/

>>> この執筆者の詳しいプロフィール

「いざとなれば・・・・」
住宅ローンのご相談を受けていると、ご相談者からしばしば発せられる言葉です。

まずは『客観的に資金計画を診断してほしい』とか『どの価格帯なら購入しても大丈夫かどうか』
とご相談に来られるのですが、現状の収入・支出・資産・負債、および、今後の展望をお伺いするうちに、
返済のシナリオがなんとなく雲行きが怪しいことに気付かれる場合があります。

特に具体的な物件があって、気に入っているが未契約で躊躇されているケース。
途中から違う方へ気持ちが向かい始めます。
「長い間のことだからなんとか解決できるかしれませんよ。」とか、
「こんな(目からウロコの出るような)方法で資金繰りができるかもしれませんよ。」とか、
何かしら背中を押してもらえることを期待しているのです。

私のほうも「出来る限りマイホームの夢を叶えてあげたい・・・」という気持ちで臨んではいます。

しかし、明らかに成り立ちそうもない資金計画に対しては「普通に考えると厳しいのでは・・・」と申し上げています。
ゼロベースから考え直すことになるのですが、やはり諦められないのか、客観性を離れてご自身の背中を押すため、都合の良いシナリオを描くようになります。
その時に「いざとなれば・・・」という言葉が出てくるのです。

たとえば、

□いざとなれば....妻が働いて助けてもらえば良い!

(注)妻の年齢・働ける時間・健康状態・働き口の数・条件によっては期待できるような
   収入が得られない場合があります。あと、お子様をどこかへ預けてとなると費用が掛かりますので、
実収入の点で期待した額に達しないかもしれません。


□いざとなれば....支出を減らせば良い!

(注)一度身に染み付いた生活スタイルはなかなか変えられないもの。
  支出を減らすにも限界があります。現状の5〜20%程度のカットがメドと考えておきましょう。
  思い切った家計の事業仕分けはしても良いですが、生きがいを犠牲にしてしまうかもしれません。
  特に教育費・冠婚葬祭(お付き合い)・生活必需品・医療費を削ることは難しいです。
  外食費・衣服費も最初は頑張ってグッと我慢するのですが、なぜかゆっくり元に戻りがちです。

□いざとなれば....親に頼れば良い!

(注)「いつまでもあると思うな親と金」ということわざがあります。
  なかなか状況はわからないもの、実際に親もローンを抱えているケースがあります。
親の生活を圧迫してしまう、老後のための生活資金を取り崩してしまうことになりかねません。
親も体力や判断力はやがて衰えてきます。介護が必要な状態になり長く続いた場合には
子が経済的な援助をしないといけなくなるかもしれません。安易な依存は禁物です。

□いざとなれば....住宅ローンを借り換え(または金利変更)をすれば良い!

(注)変動金利を選択された場合、もし金利上昇が発生するとそれに付いていけない家計を見かけます。 
金利が上がりそうな頃に固定金利へ変えれば良いと考えていると、すでに市場金利が上昇しており、
適用金利も同じ動きをします。返済負担がさらに重くなることでしょう。

□いざとなれば....賃貸に出せば良い!

(注)長期的に安定した借り手があってこそ成り立つ話です。もちろん市場競争も勝ち抜かないといけません。
同じ賃料でも周辺に新しく便利な物件が出てくると、借り手はそちらのほうへ向かうかもしれません。
やがて転勤・マイホームの取得で退去して空きが発生すると、次の借り手のために部屋をクリーニング
をしたり、仲介をしてもらうコストが掛かってしまいます。固定資産税等の負担も続きますので、
住宅ローンの返済を補うどころか、採算が取れなくなる可能性があります。

□いざとなれば....売りに出せば良い!

(注)これも賃貸と同じく、希望価格での買い手があってこそ成り立つ話です。
すでに築○○年となっていると、物件の市場価値が落ちていますし、周辺の新築・中古物件との競争に さらされます。買い手のほうは他の物件とも比較して値切ってきます。
人口減少が顕著になっていく社会の中で買い手は減少します。
はたして成立した売買価格で住宅ローンの完済ができるのか?疑問を持ってしまいます。


□いざとなれば....貯蓄から繰り上げ返済すれば良い!

(注)貯蓄は突発的な支出が発生した場合や将来必要になる老後資金のためかもしれません。
   住宅ローン返済のメドを立てたものの、そちらの資金が不足しないように見極めが必要です。    右肩上がりの収入やボーナスを見込んだ繰り上げ返済を前提としている場合も注意してください。

□いざとなれば....退職金で返済すれば良い!
(注)安易に35年返済を選んでしまい、実は60歳以降の収入や年金で賄えそうもない場合に
   退職金に目が行ってしまいます。そもそも退職金は老後資金の補填の意味合いです。
これからはOB(退職者)が貰った水準が保証されているとは限りません。
   最近では退職一時金や退職年金の減額というニュースもちらほら見かけます。
   退職金の運用を企業から個人に移転しているケース(確定拠出年金)も増えてきました。
   その運用である程度の成果を上げないと退職金が目減りしてしまうことになります。

他にも細かな「いざとなれば・・・・」を耳にしていますが、割愛させていただきます。

以上、ご覧になっていかがでしょうか? 


さて、あなたの住宅資金計画には
「いざとなれば・・・」
という言葉がいくつありますでしょうか?


ゼロの場合はひとまず安心ですが油断はしないようにしましょう。
1つの場合、その内容を吟味してみましょう。
2つ以上の場合、全体的に資金計画を再点検してみることをお勧めします。


「いざとなれば・・・」は決して前向きな言葉ではなく、
客観性を歪めてしまう、自らリスクを背負いこんでしまう魔法の言葉として捉えて下さい。


◆ この執筆者のコラム一覧
    2010年11月16日 更新 賃貸か?持ち家か?
    2010年 8月26日 更新 変わる相談者マインド
    2010年 7月21日 更新 金利を逆さまに眺めてみれば・・・
    2010年 6月21日 更新 就業不能保険
    2010年 5月30日 更新 返済リスクに備える住宅ローン
    2010年 4月21日 更新 住宅ローン控除の還付金
    2010年 3月24日 更新 いざとなれば・・・
    2010年 2月22日 更新 住宅ローンの手続きフロー
    2010年 1月20日 更新 3月15日にご用心!
    2009年12月22日 更新 [一戸建て]建て替えまで意識した資金計画
    2009年11月26日 更新 ボーナス頼みの生活設計
    2009年10月20日 更新 贈与でなく借り入れする場合の注意点
    2009年 9月20日 更新 贈与での画期的なことかも・・(続き)
    2009年 8月23日 更新 贈与での画期的なことかも・・・
    2009年 7月20日 更新 多様化する民間の住宅ローン
    2009年 6月20日 更新 「6月危機?」を教訓にしたい資金計画
    2009年 5月20日 更新 大阪市の住宅ローン利子補給制度(相談実践編)
    2009年 4月20日 更新 住宅ローン+α(修繕積立金編)
    2009年 3月20日 更新 住宅ローン+α(固定資産税編)
    2009年 2月20日 更新 年収の中身を確認しましょう!
    2009年 1月22日 更新 教育費と住宅購入
    2008年12月20日 更新 「過去最大の住宅ローン減税」を検証する
    2008年11月20日 更新 「預金連動型住宅ローン」特徴と注意点
    2008年10月21日 更新 バカにできない「機構団信の特約料」
    2008年 9月20日 更新 マンションの火災保険にご注意!
    2008年 8月20日 更新 繰上げ返済の資産運用効果は?
    2008年 7月22日 更新 フラット35S
    2008年 6月20日 更新 住宅ローンの節約 〜35年返済の呪縛を解いてみよう〜
    2008年 5月20日 更新 生活費上昇時代がやってきた(2)
    2008年 4月21日 更新 生活費上昇時代がやってきた
    2008年 3月15日 更新 相続時精算課税制度の選択、しっかりと判断を。
    2008年 2月19日 更新 住宅ローン控除の申告、しっかりと判断を。
    2008年 1月22日 更新 あなたの住宅ローン。サブプライム型の可能性は?
    2007年 2月19日 更新 適切な住宅ローンの組み方とは?

>>> 他の執筆者のコラムを読む
>>> この執筆者の詳しいプロフィール


この専門家に相談してみたいと思った方は、まず、相談内容・料金等について気軽に問合せしてみましょう。問合せ方法は、以下のお電話または問合せフォームからお願いいたします。もちろん、お問合せは無料です(ご利用規約)。

電話番号 : 06−4395−6280
   ※直接、この専門家の会社へお電話がかかります。
   ※「住宅ローンの殿堂というサイトを見て電話しました」と仰ってください。

この専門家のHPから問い合わせる

戻る

住宅検査・内覧会立会いのアネスト
一戸建ての住宅検査サービス一覧
東京都・神奈川県・埼玉県・愛知県・大阪府・兵庫県・福岡県などで新築一戸建て建物調査
東京都・神奈川県・埼玉県・愛知県・大阪府・兵庫県・福岡県などで中古一戸建て建物調査
東京都・神奈川県・埼玉県・愛知県・大阪府・兵庫県・福岡県などで内覧会立会い・同行

内覧会立会い

住宅ローンのコラム

住宅ローンの相談

住宅ローン・シミュレーションの殿堂

住宅ローンの専門家
山下修一
柴田誠
山宮達也
半田典久
東城勝
荒井康矩

コラムのカテゴリー
資金計画のノウハウ
住宅ローンの金利
住宅業界・住宅ローンの市場
住宅金融支援機構のフラット35
住宅ローンの繰上返済・借り換え
生命保険・火災保険・地震保険
住宅ローンの返済困難
ライフプラン(人生設計)
住宅ローン控除(減税)・税金
住宅ローン等の諸費用
住宅ローン・資金計画の相談
その他

専門家のサポート
購入前の住宅検査(一戸建て)
購入前のマンション調査
内覧会立会い(一戸建て)
内覧会立会い(マンション)

FP(執筆者)の募集
本サイト(住宅ローンの殿堂)にコラムを提供して頂けるファイナンシャル・プランナーを募集しております。
執筆者の相談サービス、セミナー情報等を無償でPRいたします。
FP募集の詳細


HOME | はじめての方へ | 運営会社 | 利用規約 | お問合せ | サイトマップ | リンク | 住宅ローン相談 | 住宅検査