住宅版エコポイント制度の概要とその活用

 住宅ローンの殿堂
住宅ローン相談

住宅版エコポイント制度の概要とその活用


執筆者
会社名
HP
: 山宮達也
: T's FP オフィス
: http://homepage3.nifty.com/tsfp/

>>> この執筆者の詳しいプロフィール

エコポイントがついに住宅にまで登場!

景気浮揚策の一環となるようですが、せっかくの機会なので住宅購入やリフォームを検討されている方は、様々な商品・サービスと交換可能なエコポイントを取得できるこの制度を利用しない手はありません。

まだ正式に法案が通ったものではなく、閣議案となっており、平成21年度第2次補正予算が通った段階で成立となりますが、まずはその概要をまとめてみたいと思います。

1.エコポイントの対象となる条件は大きく分けて以下の2つのパターンになります。
 ・エコ住宅の新築
  平成21年12月8日以降から平成22年12月31日までに建築着工したもの
 ・エコリフォームの実施
  平成22年1月1日以降から平成22年12月31日までに工事着工したもの

 ※いずれも引渡しが、平成21年度第2次補正予算の成立日以降のものを対象とします。
  ただし、発行ポイント枠があるようで、ポイント予定数になったら終了となります。
  (早い者勝ちとも言えますが…)

2.エコ住宅の条件

(1)省エネ法に基づくトップランナー基準相当の住宅
外壁や窓等の断熱性能に加えて、給湯設備や暖冷房設備等の建築設備の効率性について総合的に評価して得られるエネルギー消費量が、省エネ法に基づく住宅事業建築主の判断の基準に適合する新築住宅となります。

※トップランナー基準とは
 省エネ判断基準を満たす外壁、窓等を有する住宅に、平成20年時点での
 一般的な設備を備えた場合のエネルギー消費量と比べ、概ね10%の削減が
 可能なエネルギー消費量に相当する場合です。
 例えば、
 1) 省エネ判断基準を満たす外壁、窓等と高効率給湯設備(併せて節湯器具を設置)
 2) 省エネ判断基準を満たす外壁、窓等と熱交換型換気設備や高効率空気調和設備
 3) 省エネ判断基準を満たす外壁、窓等と太陽光発電設備
 4) 省エネ判断基準を超える高い断熱性能を有する外壁、窓等  を備えた住宅などが、考えられます。

(2) 省エネ基準を満たす木造住宅
省エネ判断基準を満たす外壁、窓等を有する木造住宅を対象とします。  

3.エコリフォームの条件

(1)窓の断熱改修
 ・ガラス交換(複層ガラス化)、窓の内側に窓を新設(二重サッシ化)
 ・窓交換(複層ガラスのサッシへ)
(2)外壁、屋根・天井又は床の断熱改修
(3)バリアフリー改修(手すりの設置、屋内の段差解消、通路または出入口の幅の拡張)

4.エコポイント申請方法

エコポイントの申請は、住宅の所有者(個人・法人、建築主・購入者の別によらず)が、別途、これから公募により選定される事務局に対して行うようになります。
 ・事務局が各都道府県に設けた受付窓口における申請
 ・事務局への郵送による申請
のいずれかの方法で行います。

※いずれもポイントの申請には、上記2.の基準に適合することについて登録住宅性能評価機関等の第三者機関による証明を受け、その証明書類等を添付する必要があります。 リフォームの場合は、工事証明書や工事現場の写真等が必要になります。 新築住宅を対象としてポイントの発行申請ができるのは、住宅の所有者が代わっても1住戸につき、1 回のみとなります。

5.エコポイントの交換

住宅版エコポイントを利用して交換できる商品等については、消費者にとって魅力的なものとなるよう、以下のような商品等を中心に選定される方針となっています。

1)省エネ・環境配慮に優れた商品
2)全国で使える商品券・プリペイドカード(商品の提供事業者が環境寄付を行うなど環境配慮型のもの、公共交通機関利用カード)
3)地域振興に資するもの(地域商品券、地域産品)
4)環境寄附

発行されるポイント数も大きくなることから、選定に当たっては、グリーン家電エコポイントの交換商品を基にしながら、さらに交換対象が多様化される予定です。

★なお、ポイントは、一般的な新築住宅では30万程度のポイント、リフォームの内窓
 10窓設置で15万程度のポイントになると言われています。
 詳細手続方法や請求期間はこれから決定されます。

6.エコポイントの活用方法

私が考えるエコポイントの活用方法ですが、

・商品券等に替えてグリーン家電を購入することで、さらにエコポイントを取得。
 (家電エコポイントは2010年3月末から2010年12月末までに延長される閣議案が出ています)
・エコポイントを今後必ず出費となる日常家計消費財に使用し、エコポイント相当分を住宅ローンの繰上返済に充てる。
 (繰上返済額が1円からできる金融機関の場合に有効)

以上、詳細手続方法等がこれからになりますので、広報について注視しておきましょう。
なお、上記内容は以下の国土交通省住宅エコポイント制度のHPからとりまとめたものですので、詳細をご覧になりたい方はこちらを参考にしてください。



◆ この執筆者のコラム一覧
    2010年 9月21日 更新 ユニークなサービスの住宅ローン
    2010年 8月 7日 更新 長期金利低下で固定金利が有利?
    2010年 7月 7日 更新 金利0のローン?
    2010年 6月 7日 更新 相談現場から感じる住宅ローンのリスク
    2010年 5月 6日 更新 住宅取得控除が扶養控除廃止の増税分をカバー?
    2010年 4月 6日 更新 平成22年度住宅優遇制度について
    2010年 3月 5日 更新 金利0%台のローンについて
    2010年 2月 5日 更新 家賃並みの住宅ローンで住宅を!
    2010年 1月 6日 更新 住宅版エコポイント制度の概要とその活用
    2009年12月 7日 更新 夫婦で住宅取得する場合のメリット・デメリット
    2009年11月 6日 更新 住宅ローン返済の固定変動ミックス型をどう見るか
    2009年10月 6日 更新 この秋の制度改正などで充実安心した住宅購入を!
    2009年 9月 7日 更新 頭金なしの住宅ローンは住宅購入のチャンスか?
    2009年 8月 6日 更新 もしも返済に困ったら!
    2009年 7月 6日 更新 住宅優遇税制関連総まとめ
    2009年 6月 6日 更新 フラット50 50年払いは選択すべきかどうか
    2009年 5月 7日 更新 保証料および保証料の支払は一時金?金利上乗せ?
    2009年 4月 5日 更新 住宅融資利用時の三大疾病保障特約加入について
    2009年 3月 5日 更新 あなたはマンション派?一戸建て派?
    2009年 2月 6日 更新 住宅取得控除はどちらのパターンを選択?
    2009年 1月 6日 更新 建物維持費に住宅取得控除の還付金を!
    2008年12月 5日 更新 住宅取得のための頭金のため方は?
    2008年11月 6日 更新 住宅ローン控除を繰り上げ返済に活用!
    2008年10月 5日 更新 住宅ローン破綻したらどうなるの?
    2008年 9月15日 更新 地震保険に入るか否か!

>>> 他の執筆者のコラムを読む
>>> この執筆者の詳しいプロフィール


この専門家に相談してみたいと思った方は、まず、相談内容・料金等について気軽に問合せしてみましょう。問合せ方法は、以下のお電話または問合せフォームからお願いいたします。もちろん、お問合せは無料です(ご利用規約)。

電話番号 : 0465−24−0394
   ※直接、この専門家の会社へお電話がかかります。
   ※「住宅ローンの殿堂というサイトを見て電話しました」と仰ってください。

この専門家のHPから問い合わせる

戻る

住宅検査・内覧会立会いのアネスト
一戸建ての住宅検査サービス一覧
東京都・神奈川県・埼玉県・愛知県・大阪府・兵庫県・福岡県などで新築一戸建て建物調査
東京都・神奈川県・埼玉県・愛知県・大阪府・兵庫県・福岡県などで中古一戸建て建物調査
東京都・神奈川県・埼玉県・愛知県・大阪府・兵庫県・福岡県などで内覧会立会い・同行

内覧会立会い

住宅ローンのコラム

住宅ローンの相談

住宅ローン・シミュレーションの殿堂

住宅ローンの専門家
山下修一
柴田誠
山宮達也
半田典久
東城勝
荒井康矩

コラムのカテゴリー
資金計画のノウハウ
住宅ローンの金利
住宅業界・住宅ローンの市場
住宅金融支援機構のフラット35
住宅ローンの繰上返済・借り換え
生命保険・火災保険・地震保険
住宅ローンの返済困難
ライフプラン(人生設計)
住宅ローン控除(減税)・税金
住宅ローン等の諸費用
住宅ローン・資金計画の相談
その他

専門家のサポート
購入前の住宅検査(一戸建て)
購入前のマンション調査
内覧会立会い(一戸建て)
内覧会立会い(マンション)

FP(執筆者)の募集
本サイト(住宅ローンの殿堂)にコラムを提供して頂けるファイナンシャル・プランナーを募集しております。
執筆者の相談サービス、セミナー情報等を無償でPRいたします。
FP募集の詳細


HOME | はじめての方へ | 運営会社 | 利用規約 | お問合せ | サイトマップ | リンク | 住宅ローン相談 | 住宅検査