60歳での住宅取得も考えては?

 住宅ローンの殿堂
住宅ローン相談

60歳での住宅取得も考えては?


執筆者
会社名
HP
: 半田典久
: 多摩プランニングオフィス
: http://www.tama-p.jp/

>>> この執筆者の詳しいプロフィール

ふつう住宅取得と言うと、どのような時期でしょうか?
多くは、結婚をして、これから子供が生まれるというような時期、あるいは子供が生まれて数年たったような時期が多いのではないでしょうか?

しかし全く別の考え方も出来ると思います。
それは「60歳前後での住宅取得」です。

その理由は??
60歳と言うのは、もう定年の時期です。
そんな時期に住宅取得をしても、手遅れではないのか?あまり意味がないでしょう?という意見も多いかもしれません。

60歳と言えば定年で、これから老夫婦2名の生活だけを考えれば良いのです。
しかし、この時期の住宅取得のメリットは以下のようなことがあります。

 ・ もう転勤はない。
 ・ 通学、通勤の便を考える必要がない。
 ・ 2人の小さな家であれば、価格も安い。
 ・ お金がある程度たまっていれば、住宅ローンを組む必要がない。
 ・ 2人で暮らせるだけの手間がいらない最小限の広さで良い。
 ・ 老後を考えた設計(バリアフリー、安全装置付)ができる。
 ・ 終生リフォーム、修繕など考えなくても良い。
 ・ 高齢社会では、老人2名向きの家の方が売りやすい(施設などに入る場合)。

等というメリットがあります。

また周辺環境も大事でしょう。
都会で生活施設や医療機関、介護施設など便利な場所に、鍵1つで安全性が良いマンションなどを買っても良いわけです。

私の知っている人にも、若い時代に住宅を取得した人で、いま悩んでいる人も結構居ます。

例えば・・
 ・ 子供が居なくなって家が広すぎるし、もう掃除が大変。
 ・ 付近にビルが建って日当たりが悪く住みづらい。
 ・ 家もボロになった・・
 ・ そろそろリフォームを考えなければ・・
 ・ もっと便利なところへ住みたい。
 ・ 体が弱くなって坂道、階段が大変。
 ・ マンションの建て替え、修繕の話があるが、資金がない・・
 ・ まわりが老人ばかりで活気がない・・
 ・ 便利な店がなくなった。
 ・ バスが廃止された。
 ・ 相続で土地や家をどのように子供に分けるべきか?

このようなことは若い時には気がつかなかったことです。
定年頃になって、住宅ローンがやっと終わった頃、次の新たな問題に直面します。

それなら、60歳頃までは賃貸に住んで、生活の変化に柔軟に住居を変えて生活し、60歳頃に始めて今後のライフプランを考えた上で、お金に余裕があれば住宅の取得を考えることもできます。

その時点で「最も良い選択」ができるわけですし、小さければ家の価格も安くなり、住宅ローンの返済の心配もありません。

その間60歳までは、「資金の運用」をして、お金も増やすことができます。

昔住宅取得に熱心だったのは、不動産価格が年々上昇したので(1)住宅取得と(2)資金運用が同時に実現出来たからです。また、住宅ローンの返済も容易でした。

これからの時代は、この「住宅取得と資金運用の2つを分けて考える、時期をずらす」という方法もあるのです。



◆ この執筆者のコラム一覧
    2010年 9月 4日 更新 マンションにもリバースモーゲージ
    2010年 4月18日 更新 マグマがたまった日本?に備える
    2010年 3月17日 更新 高齢者の住み替えについて
    2010年 2月16日 更新 高齢者の住まいは、どうあるべきか?
    2010年 1月15日 更新 住宅取得促進策はもう古いのか?
    2009年12月15日 更新 「事業仕分け」が家庭にも必要ですね
    2009年11月15日 更新 これだけで本当に良いのか?住宅ローンの判断基準
    2009年10月15日 更新 公共事業とかけて住宅ローンと解く・・その心は?
    2009年 9月15日 更新 民主党政権と住宅ローン
    2009年 8月17日 更新 変動金利に人気が集中・・トレンドかサイクルか?
    2009年 7月15日 更新 ミックス型の住宅ローンを考える
    2009年 6月15日 更新 次々続く住宅のための優遇制度を考える
    2009年 5月15日 更新 「住宅は今買い時か?」で考える
    2009年 4月15日 更新 「住宅ローン返しやすく」・・・・??
    2009年 3月15日 更新 200年住宅法で思うこと
    2009年 2月15日 更新 住宅取得、今こそ本当にプランが必要になってきた!
    2009年 1月18日 更新 「ワークシェアリング」で考える
    2008年12月16日 更新 マンションもスラム化する!?
    2008年11月15日 更新 金融機関出身者は、FPに最適なのか??
    2008年10月15日 更新 あるローンの相談から
    2008年 9月15日 更新 防災の日に考えること
    2008年 8月15日 更新 住宅ローンもわかりやすいものを
    2008年 7月15日 更新 住宅ローンを考える1つの視点
    2008年 6月15日 更新 住宅は、20年後の街を予想して買いましょう。
    2008年 5月15日 更新 パンダと住宅ローン
    2008年 4月15日 更新 住宅ローン相談は、とにかくお早めに!
    2008年 3月 4日 更新 60歳での住宅取得も考えては?
    2008年 2月14日 更新 住宅ローンのご相談から
    2008年 1月29日 更新 物件探しの前に資金計画でリスクを避けよう

>>> 他の執筆者のコラムを読む
>>> この執筆者の詳しいプロフィール


この専門家に相談してみたいと思った方は、まず、相談内容・料金等について気軽に問合せしてみましょう。問合せ方法は、以下のお電話または問合せフォームからお願いいたします。もちろん、お問合せは無料です(ご利用規約)。

電話番号 : 03−3430−9011
   ※直接、この専門家の会社へお電話がかかります。
   ※「住宅ローンの殿堂というサイトを見て電話しました」と仰ってください。

この専門家のHPから問い合わせる

戻る

住宅検査・内覧会立会いのアネスト
一戸建ての住宅検査サービス一覧
東京都・神奈川県・埼玉県・愛知県・大阪府・兵庫県・福岡県などで新築一戸建て建物調査
東京都・神奈川県・埼玉県・愛知県・大阪府・兵庫県・福岡県などで中古一戸建て建物調査
東京都・神奈川県・埼玉県・愛知県・大阪府・兵庫県・福岡県などで内覧会立会い・同行

内覧会立会い

住宅ローンのコラム

住宅ローンの相談

住宅ローン・シミュレーションの殿堂

住宅ローンの専門家
山下修一
柴田誠
山宮達也
半田典久
東城勝
荒井康矩

コラムのカテゴリー
資金計画のノウハウ
住宅ローンの金利
住宅業界・住宅ローンの市場
住宅金融支援機構のフラット35
住宅ローンの繰上返済・借り換え
生命保険・火災保険・地震保険
住宅ローンの返済困難
ライフプラン(人生設計)
住宅ローン控除(減税)・税金
住宅ローン等の諸費用
住宅ローン・資金計画の相談
その他

専門家のサポート
購入前の住宅検査(一戸建て)
購入前のマンション調査
内覧会立会い(一戸建て)
内覧会立会い(マンション)

FP(執筆者)の募集
本サイト(住宅ローンの殿堂)にコラムを提供して頂けるファイナンシャル・プランナーを募集しております。
執筆者の相談サービス、セミナー情報等を無償でPRいたします。
FP募集の詳細


HOME | はじめての方へ | 運営会社 | 利用規約 | お問合せ | サイトマップ | リンク | 住宅ローン相談 | 住宅検査