フラット35の融資を受けられる物件とは?

 住宅ローンの殿堂
住宅検査・診断のアネスト

フラット35の融資を受けられる物件とは?



 フラット35の融資を受ける為には、対象の物件に対する条件を満たす必要があります。まず、基本的なこととして対象物件の種別を確認します。

(物件の種別)
 ・新築住宅の建築・購入
   マンションでも一戸建てでもOK
   注文建築でも建売住宅でもOK
 ・中古住宅の購入
   マンションでも一戸建てでもOK

 基本的に、住宅であれば対象となるわけですね。次に、用途についてみてみましょう。

(用途)
 ・セカンドハウスの購入はOK
 ・店舗や事務所と併用した住宅の場合は、住宅部分の床面積が全体の1/2以上であること
 ※借り換えには利用できません

 セカンドハウスの購入に利用できるほど柔軟になりましたが、今のところ、借り換えには利用できません。以前は、セカンドハウスの購入に対して融資する金融機関は限られていたのですが、今ではかなり柔軟になっています。

 その他の条件もみていきましょう。

(住宅の床面積)
 ・一戸建て、重ね建て、連続建て住宅の場合:70平米以上
 ・共同住宅(マンションなど)の場合:30平米以上
 ※いずれも上限はありません
 ※床面積の制限はありません

(融資金額)
 ・100〜8000万円、且つ、建築費または購入費の9割

(融資期間)
 ・15年以上35年以内(申込人が60才以上なら10年以上)
 ・完済時の年齢が80歳となるまでの年数

(その他)
 ・住宅金融支援機構が定めた技術基準に適合していること

 こののように、対象物件への条件や融資金額の上限などを見ても、ほとんどのケースが該当することがわかって頂けるかと思います。あとは、住宅金融支援機構の技術基準に適合しているかどうかですね。


■ あなたの意見を投票しよう ■
前へ フラット35って、何? TOP 次へ

戻る



住宅検査・内覧会立会いのアネスト
一戸建ての住宅検査サービス一覧
東京都・神奈川県・埼玉県・愛知県・大阪府・兵庫県・福岡県などで新築一戸建て建物調査
東京都・神奈川県・埼玉県・愛知県・大阪府・兵庫県・福岡県などで中古一戸建て建物調査
東京都・神奈川県・埼玉県・愛知県・大阪府・兵庫県・福岡県などで内覧会立会い・同行

住宅検査・内覧会同行のアネスト
住まいの殿堂

内覧会立会い・同行

住宅ローン・シミュレーションの殿堂

住宅ローンの金利

住宅ローンNews

住宅ローンの基礎知識

フラット35

FPのコラム

住宅ローン相談

その他のコンテンツ
住宅ローン・シミュレーションの殿堂
住宅ローンの返済額の早見表
住宅ローンのセミナー情報

専門家のサポート
購入前の住宅検査(一戸建て)
購入前のマンション調査
内覧会立会い(一戸建て)
内覧会立会い(マンション)


住宅ローンの殿堂とは | 運営会社 | 利用規約 | お問合せ | サイトマップ | リンク | 住宅ローン相談 | 建物調査
住まいの殿堂TOP | 住宅ローンの殿堂TOP
Copyright(C)2007 Anest Brain Trust. All Rights Reserved