フラット35の融資を受けられる物件とは?

 住宅ローンの殿堂
住宅検査・診断のアネスト

フラット35の技術基準



 フラット35の特長の1つに、住宅金融支援機構が独自に定める技術基準というものがあります。この基準を満たしていないと融資されないことから、フラット35を利用できる物件は一定の質を有すると言われています。

 事実、新築住宅も中古住宅も、一戸建てもマンションも、それぞれに基準が定められており、建築基準法で定めるもの以上を要求しています。

 このため、不動産会社からは、物件への安心感を与える意味でも購入者(または購入予定者)に対して、「フラット35の基準を満たしているから安心です」という説明を受けることがあります。

 しかし、実際にはこの基準はそれほど高いものを要求しているわけではありません。むしろ、消費者(住む人)のことを考えていれば、当然に満たすような条件ばかりです。

 この技術基準の審査ですが、新築住宅の場合、設計段階での検査(=図面上、基準以上かのチェック)と建築中の検査、完成時点の検査があります。ただ、マンションにおいては建築中の検査はありません。

 中古住宅の場合には、当然ながら建築中の検査ができませんね。

 これらの検査は、新築住宅の場合は検査機関(適合証明検査機関)が行い、中古住宅の場合は検査機関(適合証明検査機関)または適合証明技術者が行います。

 フラット35の技術基準が実はそれほど高くないと記載しました。ただ、検査済証の発行が条件となっていますので、最低限度の基準である建築基準法を満たしていることになり、違反建築ではないことは確かです。

 まだまだ、違反建築が多いことを考えるとプラス材料の1つとも言えます。


■ あなたの意見を投票しよう ■
前へ フラット35って、何? TOP 次へ

戻る



住宅検査・内覧会立会いのアネスト
一戸建ての住宅検査サービス一覧
東京都・神奈川県・埼玉県・愛知県・大阪府・兵庫県・福岡県などで新築一戸建て建物調査
東京都・神奈川県・埼玉県・愛知県・大阪府・兵庫県・福岡県などで中古一戸建て建物調査
東京都・神奈川県・埼玉県・愛知県・大阪府・兵庫県・福岡県などで内覧会立会い・同行

住宅検査・内覧会同行のアネスト
住まいの殿堂

内覧会立会い・同行

住宅ローン・シミュレーションの殿堂

住宅ローンの金利

住宅ローンNews

住宅ローンの基礎知識

フラット35

FPのコラム

住宅ローン相談

その他のコンテンツ
住宅ローン・シミュレーションの殿堂
住宅ローンの返済額の早見表
住宅ローンのセミナー情報

専門家のサポート
購入前の住宅検査(一戸建て)
購入前のマンション調査
内覧会立会い(一戸建て)
内覧会立会い(マンション)


住宅ローンの殿堂とは | 運営会社 | 利用規約 | お問合せ | サイトマップ | リンク | 住宅ローン相談 | 建物調査
住まいの殿堂TOP | 住宅ローンの殿堂TOP
Copyright(C)2007 Anest Brain Trust. All Rights Reserved