フラット35の賢い利用方法

 住宅ローンの殿堂
住宅検査・診断のアネスト

フラット35の賢い利用方法



 フラット35の最大の特長は、全期間固定金利であることです。低金利で全期間固定であることは非常に魅力的であると言えます。しかしながら、変動金利や短期固定金利の住宅ローンに比べると金利が高くなります。そのため、変動金利や短期固定金利の住宅ローンを利用する人がたいへん多いのが現状です。

 一方では、長期固定型の安心感に注目が集まり、その一方では目先の金利が低い変動金利や短期固定金利に注目が集まっているわけですね。

 最近では、この両者を併用する住宅ローン利用者が増えつつありますが、リスクヘッジも考えながら低金利のメリットも得られるわけですから、その消費者の条件・事情・考え方によっては賢明な方法だと言えるでしょう。

 この流れに対応するように、フラット35でも両者を併用できるようになっています。フラット35で併用を考える場合は、以下の2つの方法があります。

  ・住宅金融支援機構の財形住宅融資と併用する方法
  ・フラット35パッケージを利用する方法

 前者の住宅金融支援機構の財形住宅融資と併用する方法は、財形貯蓄を行っている方のみが利用できる5年固定金利の住宅ローンとフラット35を併用するパターンです。

 この住宅金融支援機構の財形住宅融資は、保証料・融資手数料・抵当権設定登記の登録免許税も無料であり、諸費用面でのメリットもあります。

 後者のフラット35パッケージは、民間金融機関の住宅ローンとフラット35を併用するパターンです。こちらは、5年固定などと限定されず、その金融機関が実施する住宅ローンと併用できるので選択肢は広がります。

 たとえば、変動金利と併用したり、3年固定と併用したり、10年固定と併用したり、、、

 フラット35を利用する金融機関と同じ金融機関の住宅ローンであることが条件となりますので、その点はご注意ください。


■ あなたの意見を投票しよう ■
前へ フラット35って、何? TOP 次へ

戻る



住宅検査・内覧会立会いのアネスト
一戸建ての住宅検査サービス一覧
東京都・神奈川県・埼玉県・愛知県・大阪府・兵庫県・福岡県などで新築一戸建て建物調査
東京都・神奈川県・埼玉県・愛知県・大阪府・兵庫県・福岡県などで中古一戸建て建物調査
東京都・神奈川県・埼玉県・愛知県・大阪府・兵庫県・福岡県などで内覧会立会い・同行

住宅検査・内覧会同行のアネスト
住まいの殿堂

内覧会立会い・同行

住宅ローン・シミュレーションの殿堂

住宅ローンの金利

住宅ローンNews

住宅ローンの基礎知識

フラット35

FPのコラム

住宅ローン相談

その他のコンテンツ
住宅ローン・シミュレーションの殿堂
住宅ローンの返済額の早見表
住宅ローンのセミナー情報

専門家のサポート
購入前の住宅検査(一戸建て)
購入前のマンション調査
内覧会立会い(一戸建て)
内覧会立会い(マンション)


住宅ローンの殿堂とは | 運営会社 | 利用規約 | お問合せ | サイトマップ | リンク | 住宅ローン相談 | 建物調査
住まいの殿堂TOP | 住宅ローンの殿堂TOP
Copyright(C)2007 Anest Brain Trust. All Rights Reserved