期間に応じたフラット35の使い方

 住宅ローンの殿堂
住宅検査・診断のアネスト

期間に応じたフラット35の使い方



 フラット35は、平成19年10月より制度が変わり、借入期間が20年までである場合は金利が低く設定されるようになりました。

 それ以前は、借入期間が35年でも20年でも15年でも同じ金利が適用されていたのですが、期間が短い場合はより低金利のメリットが受けられるようになったのです。

 借入期間が短い方が貸してのリスクも低い為、理屈に合ったものですね。

 住宅ローンの利用者にとっては、借入期間を何年にするかも1つの重要な検討材料です。20年と35年では同じ借入額であっても総負担額は異なります。返済計画に無理がないならば、借入期間は短い方が有利です。

 慎重に検討したいところですね。


■ あなたの意見を投票しよう ■
前へ フラット35って、何? TOP  

戻る



住宅検査・内覧会立会いのアネスト
一戸建ての住宅検査サービス一覧
東京都・神奈川県・埼玉県・愛知県・大阪府・兵庫県・福岡県などで新築一戸建て建物調査
東京都・神奈川県・埼玉県・愛知県・大阪府・兵庫県・福岡県などで中古一戸建て建物調査
東京都・神奈川県・埼玉県・愛知県・大阪府・兵庫県・福岡県などで内覧会立会い・同行

住宅検査・内覧会同行のアネスト
住まいの殿堂

内覧会立会い・同行

住宅ローン・シミュレーションの殿堂

住宅ローンの金利

住宅ローンNews

住宅ローンの基礎知識

フラット35

FPのコラム

住宅ローン相談

その他のコンテンツ
住宅ローン・シミュレーションの殿堂
住宅ローンの返済額の早見表
住宅ローンのセミナー情報

専門家のサポート
購入前の住宅検査(一戸建て)
購入前のマンション調査
内覧会立会い(一戸建て)
内覧会立会い(マンション)


住宅ローンの殿堂とは | 運営会社 | 利用規約 | お問合せ | サイトマップ | リンク | 住宅ローン相談 | 建物調査
住まいの殿堂TOP | 住宅ローンの殿堂TOP
Copyright(C)2007 Anest Brain Trust. All Rights Reserved