住宅ローンの金利:変動金利

 住宅ローンの殿堂
住宅検査・診断のアネスト

住宅ローンの金利:変動金利



 住宅ローンの金利の種類には、変動金利と固定金利の2種類がありますね。このことは、皆さん、ご存知の方も多いでしょう。変動金利は、借り入れ期間中に金利が変動する為、毎月の返済額も変動していきます。

 だからといって、毎月、金利や返済額が変わるわけではありません。金利は、基本的には半年ごとに見直しされるものです。また、返済額は、5年ごとに見直しを行いますので、5年間の返済額は変わりません。

 そして、6年目になると返済額も変わるのですが(もちろんこの5年の間に金利が変わっていれば)、それまでの返済額の1.25倍が返済額アップの上限とされています。つまり、毎月の返済額が100,000円の場合は、125,000円が返済額が上がる上限となっています。

 返済額の上昇が1.25倍までとなっているのは、リスクヘッジになっており有利なことだと感じるかもしれませんが、実体は異なります。

 金利がそれ以上に上昇している場合は、返済額が金利(住宅ローンの利息)の返済にばかり充当されてしまう為に、元金がなかなか減らないという現象が生じてしまうことも考えられます。

 変動金利は、金利上昇時には、返済額が増えてしまうために不利となってしまいますが、逆に、金利下降時には返済額が減る為に有利となります。つまり、住宅ローンを借り入れするときの金利が高い場合には変動金利、住宅ローンを借り入れするときの金利が低い場合には固定金利を利用するのが、一般的な考え方です。

 住宅ローンの金利が高いならば、借り入れ後に金利が下がっていく可能性が高いですし、逆に、金利が低いならば、借り入れ後に金利が上がっていく可能性があるので、低い金利で固定した方が良いと言えるわけですね。

 この変動金利型の住宅ローンは、住宅ローンを取り扱う金融機関であれば、ほぼ全てにおいて取り扱っています。


■ あなたの意見を投票しよう ■
前へ 住宅ローンの基礎知識 TOP 次へ

戻る


住宅検査・内覧会立会いのアネスト
一戸建ての住宅検査サービス一覧
東京都・神奈川県・埼玉県・愛知県・大阪府・兵庫県・福岡県などで新築一戸建て建物調査
東京都・神奈川県・埼玉県・愛知県・大阪府・兵庫県・福岡県などで中古一戸建て建物調査
東京都・神奈川県・埼玉県・愛知県・大阪府・兵庫県・福岡県などで内覧会立会い・同行

住宅検査・内覧会同行のアネスト
住まいの殿堂

内覧会立会い・同行

住宅ローン・シミュレーションの殿堂

住宅ローンの金利

住宅ローンNews

住宅ローンの基礎知識

フラット35

FPのコラム

住宅ローン相談

その他のコンテンツ
住宅ローン・シミュレーションの殿堂
住宅ローンの返済額の早見表
住宅ローンのセミナー情報

専門家のサポート
購入前の住宅検査(一戸建て)
購入前のマンション調査
内覧会立会い(一戸建て)
内覧会立会い(マンション)


住宅ローンの殿堂とは | 運営会社 | 利用規約 | お問合せ | サイトマップ | リンク | 住宅ローン相談 | 建物調査
住まいの殿堂TOP | 住宅ローンの殿堂TOP
Copyright(C)2007 Anest Brain Trust. All Rights Reserved