住宅ローンの金利:固定金利

 住宅ローンの殿堂
住宅検査・診断のアネスト

住宅ローンの金利:固定金利



 固定金利は、住宅ローンを借り入れたときの金利が完済するまで一定となっています。金利が固定されているので、毎月の返済額も固定されます。

 返済額が固定されることは、将来にわたっての家計の支出を考える上で計算をし易く、安心感がありますね。

 固定金利でも、借り入れしている全期間を固定している住宅ローンもあれば、期間を限定して金利を固定している住宅ローンもあります。これを固定期間選択型の住宅ローンと言います。

 金利を固定する期間を借り入れ時から○年と決めた住宅ローンであり、その○年を超えたときからは、その時の金利で変動金利や固定金利を選択するパターンなどがあります。

 この○年の部分ですが、1年・2年・3年・5年・7年・10年・15年・20年・25年・30年・35年などと金融機関ごとに細かく分けて用意されています。

 ただ、当初の住宅ローン金利の固定期間が、1〜3年程度と極端に短い(短期固定型)住宅ローンは感覚的には変動金利の住宅ローンとあまり変わらないものです。金利の変動リスクも大きいですから。

 ちなみに、旧住宅金融公庫は、固定金利でも段階型の住宅ローンを提供しており、当初10年間は金利を低く設定しておき、11年目以降から金利が上がるというものでした。以前は、この住宅ローンの利用者が非常に多かったのですが、今では廃止となっています。

 この固定金利型の住宅ローンは、民間の金融機関が単独で取り扱っているのはもちろんですが、住宅金融支援機構と民間金融機関の提携によるフラット35も普及しております。

 低金利のときには、長期間の固定金利にしておくことが有利だと言われています。


■ あなたの意見を投票しよう ■
前へ 住宅ローンの基礎知識 TOP 次へ

戻る


住宅検査・内覧会立会いのアネスト
一戸建ての住宅検査サービス一覧
東京都・神奈川県・埼玉県・愛知県・大阪府・兵庫県・福岡県などで新築一戸建て建物調査
東京都・神奈川県・埼玉県・愛知県・大阪府・兵庫県・福岡県などで中古一戸建て建物調査
東京都・神奈川県・埼玉県・愛知県・大阪府・兵庫県・福岡県などで内覧会立会い・同行

住宅検査・内覧会同行のアネスト
住まいの殿堂

内覧会立会い・同行

住宅ローン・シミュレーションの殿堂

住宅ローンの金利

住宅ローンNews

住宅ローンの基礎知識

フラット35

FPのコラム

住宅ローン相談

その他のコンテンツ
住宅ローン・シミュレーションの殿堂
住宅ローンの返済額の早見表
住宅ローンのセミナー情報

専門家のサポート
購入前の住宅検査(一戸建て)
購入前のマンション調査
内覧会立会い(一戸建て)
内覧会立会い(マンション)


住宅ローンの殿堂とは | 運営会社 | 利用規約 | お問合せ | サイトマップ | リンク | 住宅ローン相談 | 建物調査
住まいの殿堂TOP | 住宅ローンの殿堂TOP
Copyright(C)2007 Anest Brain Trust. All Rights Reserved