頭金は2割?

 住宅ローンの殿堂
住宅検査・診断のアネスト

頭金は2割?



 いろいろな住宅購入ノウハウを読みますと、「頭金は購入金額の2割ほど用意しましょう」と書かれていることもあります。

・購入金額の全額を住宅ローンで資金調達すると返済額が大きくなる為、
 負担が大きすぎて危険である

・金融機関の審査上、2割以上の頭金がある方が有利である

などといった理由が挙げられています。しかし、本当は頭金がいくらかというよりも返済計画に無理がないかどうかが非常に大事なのです。

 毎月の返済額に無理が無く安心できるものであれば、返済計画に無理があるとは考えず、購入に踏み切ってもいいと言えます。逆に、頭金が2割どころか3割、4割あっても毎月、毎年の返済額に無理があるならば、購入を思いとどまるべきでしょう。

 無理の無い適切な返済額から住宅ローンの借入額の上限を計算し、これに準備できる頭金を合わせた額が、その時点で購入できる住宅の価格です。

 その価格で希望の物件が購入できない場合は、資金計画を練り直すか購入する物件の条件を変更する、もしくは購入を中止することも考えるべきでしょう。

 ここまでを読んでみて、「頭金がなくても家を買ってもいいのだ」と感じるのは早計です。ここまでに記載したのは、あくまで計算上のことです。しかし、人には性格や習慣というものがあります。これらは、簡単に変えることが出来ませんし、無理に変えようとすると精神的な負担が大きくなることでしょう。

 頭金が2割ないということは、それだけ貯蓄をする習慣がなかったことも考えられます。「自分自身の収入から考えると、これぐらいの返済額なら大丈夫だろう」という計算のなかに、「これからはもっと節約するから」という前提があるならば、今までの習慣を崩すことでもあるわけですね。

 本当に、その習慣の変化が負担にならないかも合わせて考える必要があるでしょう。お奨めなのは、購入前にも半年や1年程度、実際にそれだけの節約をすることです。


■ あなたの意見を投票しよう ■
前へ 住宅ローンの基礎知識 TOP 次へ

戻る


住宅検査・内覧会立会いのアネスト
一戸建ての住宅検査サービス一覧
東京都・神奈川県・埼玉県・愛知県・大阪府・兵庫県・福岡県などで新築一戸建て建物調査
東京都・神奈川県・埼玉県・愛知県・大阪府・兵庫県・福岡県などで中古一戸建て建物調査
東京都・神奈川県・埼玉県・愛知県・大阪府・兵庫県・福岡県などで内覧会立会い・同行

住宅検査・内覧会同行のアネスト
住まいの殿堂

内覧会立会い・同行

住宅ローン・シミュレーションの殿堂

住宅ローンの金利

住宅ローンNews

住宅ローンの基礎知識

フラット35

FPのコラム

住宅ローン相談

その他のコンテンツ
住宅ローン・シミュレーションの殿堂
住宅ローンの返済額の早見表
住宅ローンのセミナー情報

専門家のサポート
購入前の住宅検査(一戸建て)
購入前のマンション調査
内覧会立会い(一戸建て)
内覧会立会い(マンション)


住宅ローンの殿堂とは | 運営会社 | 利用規約 | お問合せ | サイトマップ | リンク | 住宅ローン相談 | 建物調査
住まいの殿堂TOP | 住宅ローンの殿堂TOP
Copyright(C)2007 Anest Brain Trust. All Rights Reserved