住宅ローンの諸費用

 住宅ローンの殿堂
住宅検査・診断のアネスト

住宅ローンの諸費用



 住宅ローンを借りるには、様々な諸費用が必要となります。どのような諸費用があるのか、見ていきましょう。

 まず、代表的な諸費用は、保証料ですね。これは、住宅ローンという債務の保証をしてくれる保証会社に支払うものです。万一、住宅ローンの返済が出来なくなった場合には、この保証会社が変わりに返済してくれるものです。

 しかし、保証会社に対して返済していく義務が生じます。また、保証会社は、金融機関のグループ会社などである場合が多く、金融機関としては、グループ内で不良債権を移動させているだけとも言えます。

 保証料は、借入金額・その他の条件によって異なりますが、数十万円になります。条件によっては、50万円以上となりこともあり、100万円程度になることもあります。

 次に、事務手数料です。これは、金融機関を通して保証会社に支払う場合が一般的です。似たもので、融資手数料があります。これは、金融機関に支払うものです。いずれも、3万円程度であるケースが多いです。

 金額としては大きくないですが、住宅ローンの契約書(=金銭消費貸借契約書)に必要な印紙税もあります。

 住宅ローンの債権を保全する為に購入する住宅に対して抵当権という権利の登記を行いますが、その抵当権設定(※)の登記費用も必要となります。この費用には、登録免許税のほか司法書士への報酬も含まれます。

※一部の金融機関では、抵当権ではなく根抵当権を設定する場合もあります。

 最近では質権の設定まではされなくなりましたが、火災保険に加入する必要があります。この火災保険料も諸費用ですね。

 ほかには、団体信用生命保険料という費用もあります。この保険に加入すれば、万一の、借入人が死亡した場合には保険金で住宅ローンの残債が支払われます。これにより、遺族には住宅ローンのないマイホームが残ります。

 通常、民間の金融機関では団体信用生命保険への加入が義務になっております。



前へ 住宅ローンの基礎知識 TOP  

戻る


住宅検査・内覧会立会いのアネスト
一戸建ての住宅検査サービス一覧
東京都・神奈川県・埼玉県・愛知県・大阪府・兵庫県・福岡県などで新築一戸建て建物調査
東京都・神奈川県・埼玉県・愛知県・大阪府・兵庫県・福岡県などで中古一戸建て建物調査
東京都・神奈川県・埼玉県・愛知県・大阪府・兵庫県・福岡県などで内覧会立会い・同行

住宅検査・内覧会同行のアネスト
住まいの殿堂

内覧会立会い・同行

住宅ローン・シミュレーションの殿堂

住宅ローンの金利

住宅ローンNews

住宅ローンの基礎知識

フラット35

FPのコラム

住宅ローン相談

その他のコンテンツ
住宅ローン・シミュレーションの殿堂
住宅ローンの返済額の早見表
住宅ローンのセミナー情報

専門家のサポート
購入前の住宅検査(一戸建て)
購入前のマンション調査
内覧会立会い(一戸建て)
内覧会立会い(マンション)


住宅ローンの殿堂とは | 運営会社 | 利用規約 | お問合せ | サイトマップ | リンク | 住宅ローン相談 | 建物調査
住まいの殿堂TOP | 住宅ローンの殿堂TOP
Copyright(C)2007 Anest Brain Trust. All Rights Reserved