物件の探し方

 住宅ローンの殿堂
住宅検査・診断のアネスト

物件の探し方



マイホーム購入計画を立て、不動産・住宅業界の業界慣習や基礎知識を知れば、次は具体的に物件探しを行います。物件情報を入手する方法はいろいろとあります。

新聞の折込広告・住宅情報誌・インターネット(物件情報サイト)・(不動産会社のホームページ)などから情報収集するのが一般的です。以前は新聞の折込広告が情報収集手段としては圧倒的なシェアを占めていましたが、今ではインターネットから1次的な情報を得るケースが非常に増えています。

それぞれの媒体ごとの特長を確認しましょう。

●新聞の折込広告

毎週金曜日と土曜日に集中的に不動産広告が入っていますね。マンションや戸建て、仲介物件など多数の物件情報が簡単に入手可能です。紙媒体であり、新聞に折り込まれているために手間無く気軽に閲覧できることがメリットでしょう。

しかし、限られた紙面に物件情報を掲載するために、物件ごとの情報量は非常に限定的なものです。詳しい情報を得るにはモデルルームやオープンハウスの見学に行くか資料請求を行う必要があります。

●住宅情報誌(フリーペーパー含む)

雑誌に多数の物件情報を掲載しています。最近では、エリアごとに媒体を分けたり、雑誌自体を無料化するなど新たな動きが目立っています。新聞の折込広告同様に物件情報が限られているのがデメリットです。

新聞の折込広告と違い購入ノウハウなどの情報もある程度掲載されていますし、様々な不動産会社の物件情報を比較検討できることもメリットと言えるでしょう。

●インターネット(物件情報サイト・不動産ポータルサイト)

物件情報の入手手段としては、既にメジャーな地位にあります。地域や価格帯ごとなどの諸条件で物件検索できるなど多数の情報から自分が求める物件情報を抽出できるところが最大の特長です。アクティブに物件情報を入手する方は、不動産ポータルサイトをかなり活用しているようです。様々な不動産会社の物件情報を1つのサイトで得られることもメリットです。

また、購入ノウハウなどの物件情報以外の部分でも他の媒体を遥かに凌駕しており、住宅購入に関する様々な情報を得ることができます。

●インターネット(不動産会社のホームページ)

不動産ポータルサイトと異なり、そのホームページの運営会社が扱う物件のみの掲載となっています。インターネットでありながらその会社が取り扱う物件情報しか見られないという制限があるのがデメリットです。

ホームページの運営に熱心な会社であれば、物件情報の更新が最も早いはずです。

最近では、インターネットを物件探しの手段の1つとされる方は本当に多くなりました。不動産ポータルサイトで1次的な情報を取得するだけでなく、より詳しい情報を不動産会社のホームページで閲覧することもできます。特に新築マンションの場合は、ホームページで充実した情報提供を行っているケースが多く、是非、見ておきたいところですね。

しかし、これらの媒体はあくまで初期情報の取得であり、次の段階へ進む必要があります。ここから先は希望する物件種別ごとによって異なりますので、以下で確認してください。

●新築マンション ・・・ 資料請求、モデルルームの見学
●中古マンション ・・・ 不動産会社に問合せして物件見学、オープンハウスの見学
●新築一戸建て(建売住宅) ・・・ 資料請求、不動産会社に問合せして物件見学、オープンハウスの見学
●新築一戸建て(注文建築) ・・・ 住宅展示場の見学、資料請求
●中古一戸建て ・・・ 不動産会社に問合せして物件見学、オープンハウスの見学

上記が主なアクションです。これ以降は、不動産会社から物件案内などの連絡があったりダイレクトメールが届いたりします。ちなみに、近くの不動産会社を訪問して希望物件を探してもらうケースもありますが、新築マンションの場合は、この方法はあまり有効的とはいえません。

物件探しをする上で注意しておくべきことを挙げておきます。

・必ず、複数の物件を見学すること

意外と「はじめて見た物件で購入を決めた」という方がいらっしゃることに驚きます。複数の物件を見ないことには比較検討することも困難ですし、まだ物件を見ることに慣れてもいません。多くの物件を見ていくうちに、
「あの家はこうだったけど、この家はこうだ」

という比較が自然とできるようになり、それぞれの物件のメリット・デメリットがわかるようになってきます。

・モデルルームや展示場のイメージに騙されない

モデルルームや展示場は、当然のことながら「良く見せる」ことを考えて作っています。特に、内装・インテリアなどはプロのデザイナーやコーディネーターに頼んでいることが多く、慣れていない方が始めてみると思わず舞い上がってしまうものです。

見学の際は冷静に見るように意識しておきましょう。

・物件の種別に固執しない

はじめに購入計画を立てる段階で、「新築マンションにしよう」とか「中古住宅にしよう」などと考えておくのですが、実際に物件を見ていくうちに考えが変わることもあります。考えが変わること自体は悪くありません。

新築マンションを希望していても、一度、中古マンションを見学するのもオススメです。固執しすぎずに検討することを頭に入れておきましょう。

・希望の情報を整理する

購入計画を立てる段階である程度の希望条件を検討しておきますが、実際に物件を見ていく上で希望が変わることもあります。キッチンの大きさや間取り、設備などの希望が変わることは誰もが経験することです。そこで、何を優先するかどうかを多くの物件を見ていきながら整理していくと良いでしょう。



前へ 住宅購入までの注意点 TOP 次へ


戻る


住宅検査・診断、内覧会立会い・同行のアネスト
第三者の一戸建て住宅検査・住宅診断等の一覧
新築一戸建て住宅診断(建売の診断)
中古一戸建て住宅診断(ホームインスペクション)
内覧会立会い・同行

住宅検査・診断のアネスト
中立的な第三者による住宅検査(建物調査)・内覧会立会いサービス
 ・年間1500件超の実績
 ・翌日対応・全国対応
by 住宅検査・内覧会立会いのアネスト

住まいの殿堂

住宅ローン・シミュレーションの殿堂

住宅ローンの金利

住宅ローンNews

住宅ローンの基礎知識

フラット35

FPのコラム

住宅ローン相談

その他のコンテンツ
住宅ローン・シミュレーションの殿堂
住宅ローンの返済額の早見表
住宅ローンのセミナー情報

専門家のサポート
購入前の住宅検査(一戸建て)
購入前のマンション調査
内覧会立会い(一戸建て)
内覧会立会い(マンション)

住宅ローンの殿堂とは | 運営会社 | 利用規約 | お問合せ | サイトマップ | リンク | 住宅ローン相談 | 建物調査
住まいの殿堂TOP | 住宅ローンの殿堂TOP
Copyright(C)2007-2009 Anest Brain Trust. All Rights Reserved