中古一戸建てのチェックポイント

 住宅ローンの殿堂
住宅検査・診断のアネスト

中古一戸建てのチェックポイント



中古住宅においても、基本的には新築と同じポイントの確認が必要です。土地の条件や建物の性能の確認ですね。ただ、施工精度というよりは、劣化状態の確認をしておく必要があります。購入後に不具合がみつかり、想定外の修繕費用が発生すると困りますよね。

外装や内装、設備はもちろんですが、床下や屋根裏なども確認できる範囲で見ておきたいところです。何かおかしなところがあれば、専門家に相談することも検討してみると良いでしょう。

中古住宅の場合、リフォームをして販売しているケースもあります。本当は、リフォーム前に状態を確認し、リフォーム中の状況(特に解体工事後)も確認しておきたいところです。リフォーム済み物件は見た目の印象がよいのですが、安心という点ではリフォームをしていない物件をオススメします。

その理由は、劣化しているところがあっても、リフォームで隠れてしまい発見できなくなることがあるからです。購入者がリフォームするのであれば、事前に問題点が隠れることがないですし、解体後に確認することも可能です。

また、築年数が古い住宅や何度も所有者が変わっている場合などは、建築時の図面が何もないこともあります。また、修繕してきた記録が無いことも多く、当初の図面があっても、その通りの建物でないこともあります。図面の確認だけでなく、現地での確認も重要ですね。


中古一戸建ての建物調査はこちらです。



前へ 住宅購入までの注意点 TOP 次へ


戻る


住宅検査・診断、内覧会立会い・同行のアネスト
第三者の一戸建て住宅検査・住宅診断等の一覧
新築一戸建て住宅診断(建売の診断)
中古一戸建て住宅診断(ホームインスペクション)
内覧会立会い・同行

住宅検査・診断のアネスト
中立的な第三者による住宅検査(建物調査)・内覧会立会いサービス
 ・年間1500件超の実績
 ・翌日対応・全国対応
by 住宅検査・内覧会立会いのアネスト

住まいの殿堂

住宅ローン・シミュレーションの殿堂

住宅ローンの金利

住宅ローンNews

住宅ローンの基礎知識

フラット35

FPのコラム

住宅ローン相談

その他のコンテンツ
住宅ローン・シミュレーションの殿堂
住宅ローンの返済額の早見表
住宅ローンのセミナー情報

専門家のサポート
購入前の住宅検査(一戸建て)
購入前のマンション調査
内覧会立会い(一戸建て)
内覧会立会い(マンション)

住宅ローンの殿堂とは | 運営会社 | 利用規約 | お問合せ | サイトマップ | リンク | 住宅ローン相談 | 建物調査
住まいの殿堂TOP | 住宅ローンの殿堂TOP
Copyright(C)2007-2009 Anest Brain Trust. All Rights Reserved