申込の意味と注意点

 住宅ローンの殿堂
住宅検査・診断のアネスト

申込の意味と注意点



様々な物件を見て購入を進める場合は、購入の「申込」を行います。これは、マンションでも一戸建てでも、また、新築住宅でも中古住宅でも同じです。

「申込」とは、その物件を購入することの意思表示です。通常、申込書(買付け証明書などということもあり)に署名・捺印して提出しますが、このときに申込金(申込証拠金などということもあり)を支払うことが一般的です。

申込金の気になる金額ですが、通常は、10万円程度であることが多いです。金額も特に法的に定められているわけではありませんので、5万円程度のこともありますし0円(申込金不要)の場合もあります。逆に高額な場合は50万円程度の金額を請求されているケースも実際にありました。

あまり高額な場合は、そのような不動産会社から購入を進めるべきかどうか慎重に検討した方が良いでしょう。

この「申込」には法的な拘束力がありません。つまり、申込を撤回することによるペナルティはありません。不動産会社の対応が良くない場合や物件を再検討したい場合などは購入を中止することも可能です。申込を撤回した場合は、支払い済みの申込金も全額が返金されます。

だからといって、気軽に申込をすることはあまりオススメできません。慎重に購入を検討し、ある程度、購入意思が固まってから申込することが礼儀でしょう。また、何度も申込を撤回するようなことがあれば、不動産会社との信頼関係にも問題が生じます。本来は、申込前に慎重に検討する必要があります。

申込の際には、申込の有効期限を定めることが一般的です。その期限内に売買契約を交わすことになりますので、申込から売買契約までの期間が大事な問題となります。申込をしてから、再度、購入を進めるかどうか慎重に検討する必要があります。購入者によっては、この間に第3者の建物調査を行い最終判断することもあります。

申込から契約までは、最低でも1週間、できれば2週間程度の期間を設けることが理想です。なかには、申込日の翌日〜3日程度で売買契約をするように迫られるケースもありますが、そのような場合には断る勇気も大切なのです。



前へ 住宅購入までの注意点 TOP 次へ


戻る


住宅検査・診断、内覧会立会い・同行のアネスト
第三者の一戸建て住宅検査・住宅診断等の一覧
新築一戸建て住宅診断(建売の診断)
中古一戸建て住宅診断(ホームインスペクション)
内覧会立会い・同行

住宅検査・診断のアネスト
中立的な第三者による住宅検査(建物調査)・内覧会立会いサービス
 ・年間1500件超の実績
 ・翌日対応・全国対応
by 住宅検査・内覧会立会いのアネスト

住まいの殿堂

住宅ローン・シミュレーションの殿堂

住宅ローンの金利

住宅ローンNews

住宅ローンの基礎知識

フラット35

FPのコラム

住宅ローン相談

その他のコンテンツ
住宅ローン・シミュレーションの殿堂
住宅ローンの返済額の早見表
住宅ローンのセミナー情報

専門家のサポート
購入前の住宅検査(一戸建て)
購入前のマンション調査
内覧会立会い(一戸建て)
内覧会立会い(マンション)

住宅ローンの殿堂とは | 運営会社 | 利用規約 | お問合せ | サイトマップ | リンク | 住宅ローン相談 | 建物調査
住まいの殿堂TOP | 住宅ローンの殿堂TOP
Copyright(C)2007-2009 Anest Brain Trust. All Rights Reserved