住宅ローンの賢い借り方

 住宅ローンの殿堂
住宅検査・診断のアネスト

住宅ローンの賢い借り方



ここでは、どのような方がどのような住宅ローンを借りるのに適しているのか考えてみましょう。

住宅ローンには、変動金利と固定金利があります。それぞれの意味は、「STEP1-4 住宅ローンの基礎知識」をご覧ください。では、どのような方が変動金利に向いており、どのような方が固定金利に向いているのでしょうか。

通常、市場金利が低金利であり、今後の金利が上昇傾向にあるときは、固定金利を選択する方が良いとされています。金利の低いうちに固定金利で借入することは、金利が上昇してしまっても安心して返済していくことが出来ます。基本的にはこの考え方でよいでしょう。

逆に、市場金利が高金利であり、今後の金利が下降傾向にあるときは、変動金利を選択する方が良いでしょう。金利が高いときに固定金利で借りてしまっては、市場金利が下がった後も高い金利で支払わなくてもなりません。これは絶対に避けたいところですね。

あなたがどちらの金利を選ぶかは、あなた自身が、「今の金利をどう捉えるか」によって異なります。これから、金利が上がっていくと考えるなら固定金利、下がっていくと考えるなら変動金利となるわけですね。

しかし、今後の金利がどうなるかは、誰でも完全な回答がわかるわけではありません。一般的には、金利は上昇していくと考えられているようですが。

一般的な心理として、目先の低金利のメリットを享受したいと考えがちです。そこで、変動金利や短期固定型の住宅ローンを選択される方もまだまだ多いです。その一方で、中間的な位置づけにある住宅ローンを利用する人がかなり増えています。

それが、10年前後程度の固定金利の住宅ローンです。それなりの低金利のメリットとそれなりのリスク回避という考え方もあるようです。

じっくり考えて頂きたいのは、「あなた自身がどのような返済計画を立てているか」「その返済計画にはどのタイプの住宅ローンが適しているか」ということです。

具体的には、住宅ローンをどれぐらいの年数で完済する予定であるかを考えて欲しいと思います。たとえば、借入期間30年で借入しても20年で完済するのであれば、30年固定型の住宅ローンにする必要はありません。このような場合は、20年固定型にして良いでしょう。一般的には、30年固定型よりも少しでも短い20年固定型の方が金利は低いものです。

また、20年で完済するだけでなく、毎年少しずつ繰上返済する予定であれば、15年を超えた頃には住宅ローンの残高も少なくなっています。残高がかなり減っている頃であれば、少々、金利上昇リスクが高くても良いという考え方もできます。そこで、10年固定型の住宅ローンというのも良いでしょう。

このように、返済計画や考え方次第で、あなたに適した住宅ローンは異なってくるということです。

それでは、もう1つ大事なことを覚えておいてください。

よく勘違いされがちですが、住宅ローンの返済タイプは、1つに固執する必要はありません。たとえば、借入総額3,000万円として、その全額を30年固定型で借入する必要はないのです。

2,000万円を30年固定型で借入しておき、残りの1,000万円を5年固定型で借入することも良い方法です。住宅ローンの返済タイプを組み合わせるわけですね。以前は、金融機関がこのような住宅ローンの利用方法を嫌い、組み合わせることができないケースが多かったようです。

しかし、現在では、多くの金融機関において柔軟に対応しており、複数の住宅ローンを組み合わせることができるようになっています。是非、この活用も考えてみましょう。



前へ 住宅購入までの注意点 TOP 次へ


戻る


住宅検査・診断、内覧会立会い・同行のアネスト
第三者の一戸建て住宅検査・住宅診断等の一覧
新築一戸建て住宅診断(建売の診断)
中古一戸建て住宅診断(ホームインスペクション)
内覧会立会い・同行

住宅検査・診断のアネスト
中立的な第三者による住宅検査(建物調査)・内覧会立会いサービス
 ・年間1500件超の実績
 ・翌日対応・全国対応
by 住宅検査・内覧会立会いのアネスト

住まいの殿堂

住宅ローン・シミュレーションの殿堂

住宅ローンの金利

住宅ローンNews

住宅ローンの基礎知識

フラット35

FPのコラム

住宅ローン相談

その他のコンテンツ
住宅ローン・シミュレーションの殿堂
住宅ローンの返済額の早見表
住宅ローンのセミナー情報

専門家のサポート
購入前の住宅検査(一戸建て)
購入前のマンション調査
内覧会立会い(一戸建て)
内覧会立会い(マンション)

住宅ローンの殿堂とは | 運営会社 | 利用規約 | お問合せ | サイトマップ | リンク | 住宅ローン相談 | 建物調査
住まいの殿堂TOP | 住宅ローンの殿堂TOP
Copyright(C)2007-2009 Anest Brain Trust. All Rights Reserved