住宅ローンを最終判断するタイミング

 住宅ローンの殿堂
住宅検査・診断のアネスト

住宅ローンを最終判断するタイミング



住宅ローンの借入先や住宅ローン商品は、いつ決定すれば良いのでしょうか。

通常、売買契約を行う前に住宅ローンの仮審査を行います。収入・勤続年数・借入希望額等の諸条件を金融機関に伝え、借入可能かどうか仮審査をするのです。その結果、仮審査に通れば、売買契約を交わして住宅ローンを申し込み、本審査が実施されるというのが一般的な流れです(前後する場合あり)。

この流れから考えると、売買契約を行う前には、利用する住宅ローンを決めておかねばならないように感じられますね。

しかし、住宅ローンの借入判断する時に大事な条件である金利は、多くの場合、住宅ローンの申込時点ではなく借入時点での金利が適用されます(稀に申込時点の金利が適用されることもある)。そして、売買契約から住宅ローンの借入までには、1ヶ月以上の期間を要することも多いものです。新築マンションを購入する場合などは、1年以上の期間がかかることもあります。

つまり、売買契約の前に住宅ローンを決定してしまったら、実際に借入する時には大きく金利が変動してしまっていることも考えられます。これは利用者にとっては大きなリスクです。

やはり、住宅ローンは、売買契約の時期にとらわれずに実際に借入する直前に決定することが良いでしょう。住宅ローンの審査にかかる期間もあるため、実際には、借入の2ヶ月前ぐらいが良いでしょう(ケースによる)。

売買契約時には、そのときに最も適していると考えられる住宅ローンに申し込んでおき、借入の2ヶ月ほど前に再検討することがオススメです。

ちなみに、売買契約から実際の借入までにかかる期間が長引くのは、新築マンションだけとは限りません。新築一戸建てでも、着工前のものを購入すると完成して借入するまえに半年以上かかることもあります。

また、中古住宅でも売主が買い替えされるなどの状況によっては、引渡しが半年以上先となることもあります。そのときの状況をよく見極めて判断してください。



前へ 住宅購入までの注意点 TOP 次へ


戻る


住宅検査・診断、内覧会立会い・同行のアネスト
第三者の一戸建て住宅検査・住宅診断等の一覧
新築一戸建て住宅診断(建売の診断)
中古一戸建て住宅診断(ホームインスペクション)
内覧会立会い・同行

住宅検査・診断のアネスト
中立的な第三者による住宅検査(建物調査)・内覧会立会いサービス
 ・年間1500件超の実績
 ・翌日対応・全国対応
by 住宅検査・内覧会立会いのアネスト

住まいの殿堂

住宅ローン・シミュレーションの殿堂

住宅ローンの金利

住宅ローンNews

住宅ローンの基礎知識

フラット35

FPのコラム

住宅ローン相談

その他のコンテンツ
住宅ローン・シミュレーションの殿堂
住宅ローンの返済額の早見表
住宅ローンのセミナー情報

専門家のサポート
購入前の住宅検査(一戸建て)
購入前のマンション調査
内覧会立会い(一戸建て)
内覧会立会い(マンション)

住宅ローンの殿堂とは | 運営会社 | 利用規約 | お問合せ | サイトマップ | リンク | 住宅ローン相談 | 建物調査
住まいの殿堂TOP | 住宅ローンの殿堂TOP
Copyright(C)2007-2009 Anest Brain Trust. All Rights Reserved